PlayStation 4 Pro 発売秒読み開始! その2

PlayStation 4 Pro もいよいよ今週発売ですね!
PlayStation 4 Pro

西川善司の3DGE:知られざるPS4 Proの秘密(1)メモリ増量に,Polarisと次世代GPUの機能取り込み!?

前に紹介した記事がアップデートされていたので読んでみました。
管理人的に気になる点を抜粋すると…

・PS4Pro未対応ソフトプレイ時にはPS4Pro性能向上分の機能は無効になる
・PS4ProのGPUにはPolarisの最新アーキテクチャを一部取り込んでいる
・PS4ProのGPUには来年登場予定のVegaよりアーキテクチャを一部取り込んでいる

となりました。

@PS4Pro未対応ソフトプレイ時にはPS4Pro性能向上分の機能は無効になる
PS1のソフトをPS2でプレイした時や、PS2のソフトを初代PS3でプレイした時の様に表示を綺麗にしてくれる様な機能はPlayStation 4 Proには無いと考えて良さそうです。
消費電力的にも、PlayStation 4 Slimほどではないでしょうが標準PS4よりは下がるのではないでしょうか(あくまでPS4Pro未対応ソフトの場合)
それに加えて冷却機構はPS4Proの方が大型ですから、静穏性も期待できる様な気がします。

@PS4ProのGPUにはPolarisの最新アーキテクチャを一部取り込んでいる
@PS4ProのGPUには来年登場予定のVegaよりアーキテクチャを一部取り込んでいる
標準PS4との互換性の為に基本となるアーキテクチャは変えずに、最新アーキテクチャの一部を取り込むことでより高性能化・低省電力化を図っているのがわかります。
「Lossless Delta Color Compression」(※1) データを圧縮して帯域幅を稼ぎ、「Primitive Discard Accelerator」(※2) は最終的に画面に表示されくなるデータを削除して負荷を軽減
「16bit演算の倍速化」(※3) では、精度の必要ない処理であれば倍のデータが処理でき、「Work Distributor」(※4) でデータ処理効率アップ
…と、高速化に繋がる機能が満載の様です。
つまり、(※2)で処理すべきデータを減らし、(※1)で実質的に帯域幅を増大させ、(※4)で処理効率をアップし、(※3)でデータ内容によっては倍速化できる。
単純スペックでは、標準PS4と比較してグラフィック性能128%・メモリ帯域23%アップとなりますが、これらアーキテクチャを活用すれば、実質的にはグラフィック性能3倍・メモリ帯域2倍くらいになるんじゃないでしょうか。

管理人はバッチリ予約していますので当日届くハズです。
標準PS4との違いをレビューしたい所なんですが… PS4Pro対応ソフトを持ってないんですよね…(爆)
PlayStation VRでも手元にあれば、違いを見てみたい所ではあるんですが… 😆

好評につき売切れです

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

PlayStation 4 Pro 発売秒読み開始!

11月に入り、いよいよPlayStation 4 Proの発売秒読みが開始されましたね!
PlayStation 4 Pro
『PlayStation 4 Pro CUH-7000BB01 / 2016年11月10日発売!』

ここで、PlayStation 4 Proをおさらいしておきましょう…
管理人も含めて、なんとーなくPS4の強化版くらいの認識かと思います。
基本的な仕様は以下の通り

 

 PlayStation 4
PlayStation 4
PlayStation 4 Slim
PlayStation 4 Slim
PlayStation 4 Pro
PlayStation 4 Pro
形番 CUH-1000
CUH-1100
CUH-1200
CUH-2000 CUH-7000
CPU AMD Jaguar 8core
1.6GHz
AMD Jaguar 8core
1.6GHz
AMD Jaguar 8core
2.1GHz
GPU 1.84 TFLOPS 1.84 TFLOPS 4.20 TFLOPS
Polaris一部取込
RAM GDDR5 8GB
DDR3 256MB(South)
GDDR5 8GB
DDR3 256MB(South)
GDDR5 8GB
DDR3 1GB(South)
帯域 176GB/Sec 176GB/Sec 218GB/Sec
HDD 500GB / 1TB
Serial ATA 2.0
500GB / 1TB
Serial ATA 2.0
1TB
Serial ATA 3.0
USB USB3.0 ×2
(前面2)
USB3.1 Gen1 ×2
(前面2)
USB3.1 Gen1 ×3
(前面2, 背面1)
NET 10/100/1000 LAN 10/100/1000 LAN 10/100/1000 LAN
WiFi 802.11a/b/g/n 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
BT Bluetooth 2.1
Bluetooth 4.0 (Up)
Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
HDR no Support
Support (Up)
Support Support
AV HDMI(2K) ×1
光デジタル出力 ×1
HDMI(2K) ×1 HDMI(4K) ×1
光デジタル出力 ×1
消費 最大250W 最大165W 最大310W
重量 約2.8kg 約2.1kg 約3.3kg
発売 2014年2月22日 2016年9月15日 2016年11月10日
値段 39,980円 500G(初期)
39,980円 1TB(後期)
29,980円 500GB
34,980円 1TB
44,980円 1TB

・CPUのクロックが31%アップ
・グラフィック性能が128%アップ(最新テクノロジも一部取り込み)
・メモリ領域が768MBアップ(サウスブリッジに相当するDDR3メモリ)
・メモリ帯域が23%アップ
・HDDが6Gb/Sec対応
・背面にUSBポートが追加(USB 3.1 Gen1には差ほど違いは無し)
・WiFi IEEE802.11ac(5GHz帯)をサポート(新型共通)
・HDMI2.0b 4K/60pサポート

と言う事で、グラフィック性能が約2倍!
…と、そればかり強調されがちですが、細々と違いがあります。

44,980円と結構お高い値段に見えますが、従来機種と比較して5,000円高く、PlayStation 4 Slimと比較すると10,000円高いお値段と考えると、まぁ… 妥当なのかな。と言う気がしないでもないです。 🙄

一部Polaris以降の機能も取り込んでいるという事ですから、結果的に単純な2倍以上の性能向上があると考えて良いのでは無いでしょうか。
また、メモリは8GBで変わりないのですが、実質的には約1GBほど増えていると見て良さそうです。
PlayStation4ではゲーム中もシステムデータ等を保持する為にメモリ領域を占有していますが、それを低速なメモリに退避する事で使用可能な高速メモリ領域を広げて利用できるように改善されている為です。

細かい内容はこちらのサイトが参考になります。
マーク・サーニーが明かす「PS4 Pro」の秘密。「解像感の高い4K」のための工夫

PlayStation 4 Proの性能向上分もすぐに結果に結びつく訳ではなく、これから試行錯誤を重ねて行くのだと思いますから、従来のPlayStation 4と、PlayStation 4 Proの差がハッキリと分かる様になるのはもう少し時間が掛かるかも知れませんね… 😉

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

ソニー 4K ハンディカム FDR-AX30 を買ってみた! その5

先日、2コア/2スレッドのIntel Celeron G540と、2コア/4スレッドのIntel Core i7-620にて、PlayMemories Homeでの再生比較をしましたが、こんなサイトを発見しました。

http://cpuboss.com/

特定のCPU同士で性能を比較できるのですが、G540とi7-620の比較結果は… ほぼ同程度との結果に… とほほ。
まぁ、それはそれとして、どのCPUに交換するとどれくらい性能が上がるのか… 目安として色々比較してみた結果… Intel Core i7-2600 を入手することに! 😛

CPU交換
CPUを交換する時がこようとは… CPUファンはこのままで大丈夫かなぁ…いやまぁ、普通に考えたら問題ありなんだろうけどとりあえずそのままで。 🙄

Intel Celeron G540
『Intel Celeron G540 LGA1155 2コア/2スレッド CPU』

これが取り外したCPUです。今までありがとう!
たぶん、また何処かで稼動することになると思うよ!! 😆

Intel Core i7-2600K
『Intel Core i7-2600K LGA1155 4コア/8スレッド CPU』

新しく付け替えるCPU。さーて、どれだけ変わるかねぇ… 😕

コンピュータ情報 – プロセッサ名
CPU交換前
CPU変更前
CPU交換後
CPU変更後
Celeron G540 2.5GHz から、Core i7-2600K 3.4GHz に変わってますね!

リソースモニタ
CPU交換前
CPU交換前
CPU交換後
CPU交換後
CPU交換前は2スレッドだったのですべて表示しきれていましたが、交換後は8スレッドなので画面に収まりません… スゲェなぁ 😯

午後のこ~だベンチ
CPU交換前
CPU交換前(Result: 82.72)
CPU交換後
CPU交換後(Result: 110.99)

単純にCPUを交換しただけでどれだけ変わったのかを確認するのに良い物がないかなーと悩んだ結果、午後のこ~だのベンチマークにしてみました。
交換前の82.72から、交換後の110.99と少なからずUP!
測定時のCPU利用率も高くないし… これは期待できるかも? 😛

CPU交換後
前と同様にPlayMemories Homeで、撮影した4K動画を再生してみました。

CPU交換後
CPUは約50%の利用率。といってもハイパースレッディングで見えている擬似コアが半数あるので、CPUコアのレベルで言えば100%利用しているといっても間違いではないので…
この結果だけ見て、4コア/4スレッドのCore i5でも大丈夫かな? と聞かれると、たぶん… としか言えない感じですねぇ… 😕

ちなみに再生した感じですが、特にカクカクする様子もなく… Intel Celeron G540のときは、特に再生初めの部分が引っかかっていましたが、Intel Core i7-2600Kでは特にそのような事もなくスムーズに再生できました。

試しにffmpegで1280×720のH264エンコードを8スレッドで掛けてみましたが、30分の内容が3分程度で終わりました… 恐るべし。 😯
…こうなると録画PCも触りたくなってくる訳で… うーん、困った困った。

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

 

ソニー 4K ハンディカム FDR-AX30 を買ってみた! その4

4K動作を再生するのにどれくらいスペックがあればいいかなーと悩んでいたところ、「ノートPCで再生できるか試してみたら?」と言われたので試してみた。

メインのノートPCは、hp EliteBook 2740p なので、
Core i7(モバイル版)2コア/4スレッドと、こないだのPCよりスペックが上なのであります。
早速試してみたところ…

4K動画再生
うぉぉぉぉぉおおおおおおっ

4K動画再生
廃熱が熱い!! 😯
うーん、CPUを使い切ってるとは言い難いものの… 滑らかな再生って感じではない。
そもそものハイパースレッディングの動きからして、じゃぁ4コア/4スレッドでもだめ… とは一概に言い切れませんが、結構リスキーかもしれませんね…
うーん、素直に4コア/8スレッドを狙うか… でもお値段がなぁ 😥

LGA1155で利用できる4コア/8スレッドのCPUとなると…
Core i7-2600、Core i7-3770 シリーズと、Xeonだけ… かな?
うーん、もしかするとオークションでXeon狙った方が安上がりかも… 🙄

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

Error: Failed to retrieve data for this request.

« Prev - Next »