気になる

PCVRのVive Cosmosを買ったよ!

突然ですが管理人、PCVRを買いました!! 😯
結構なお値段するし、PSVRもそこまでやり込んでないのでどうしようかな… と正直悩んだんですが、自作PCを組み替えてゲーミングPCばりの構成にしたのに全然ゲームやってないし、買わないのは逆に勿体ないかも…?
ってな訳で、PCVRを買うことにしました。

Vive Proの値段がめっちゃ高いので、もともとは外部トラッキング機器が不要で安価なOculus Rift Sを検討していたんですが、PC不要のOculus QuestがPC接続に対応(Oculus Rift Sの存在意義ナッシング)するとか言うニュースが飛び込んできて躊躇していると…
なんと、Vive Proより高精細なディスプレイで外部トラッキング機器不要なVive Cosmosが、Vive Proより安価な値段で発売すると言うじゃないですか!
これは断然こっちでしょ!!って事で当然ポチリ… 今ならキャッシュレス決済消費者還元で多少安く買えますしね。 😀


『Vive Cosmos / PCVR』

・ルームスケール対応(スペース制限なし)
・片目当たり1440×1700ピクセル(合計2880×1700ピクセル)/非ペンタイル液晶
・リフレッシュレート90Hz
・視野角110度

参考までにPSVRの仕様を書いておくと…
・着座のみ(ルームスケール非対応)
・片目当たり960×1080ピクセル(合計1920×1080ピクセル)/非ペンタイル有機EL
・リフレッシュレート120Hz、90Hz
・視野角100度


箱を開けるとこんな感じ….

何かゼルダの伝説に登場しそうな柄のついたコントローラ…

奥には電源やケーブル、テスト用電池とHMDとPCを接続するためのベースなどが入っていました。

そんでもって、これがPCVRの本体です。

取り出してケーブルをつないでみるとこんな感じに…

使ってみた感想ですが… 部屋の照明だけだと暗すぎてトラッキングが正常に動作しないなんて話もある様ですが、少なくとも管理人宅では全く問題なさそうでした。
装着感は、個人的にはPSVRの方がちゃんと固定されていて好きかなぁ… そんなに緩々ってわけでは無いんですが、後頭部のダイヤル仕事して!って感じ…
画面部を跳ね上げて外が見えるのは凄く楽。でも画面部の前後移動ができなくてイマイチぴたっとした位置に固定できないのは残念。
ここもPSVRの方が良いと思っちゃうところかな…
ただ、画質はやっぱりさすがはCosmos!めっちゃくちゃ綺麗です。グラフィックボードが悲鳴を上げてます(爆)

PSVRやPCVRを使った事がない人にもわかる例えで表すと…
PSVRは眼前に広がるPS2のゲーム画面。Cosmosは眼前に広がるPS3のゲーム画面… ってな感じでようか。 😉
画質がイマイチと言っても、ドットが荒いだけで質感や臨場感は当時のゲーム機とは単純比較できませんが、、、

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S 発売!

2017年にPlayStation4と3DSで発売した「ドラゴンクエストXI」が、グレードアップして任天堂スイッチに登場しましたよ!! 😀 


『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S 任天堂スイッチ版』


パッケージを開けるとこんな感じ…

オリジナルのドラゴンクエストXIは、PlayStation4版が3Dグラフィックで、3DS版が2Dグラフィックで同時発売で話題となりましたが、任天堂スイッチ版はその両方を収録!
キャラクターボイスが付いたってって事で、実はドラゴンクエストを全くプレイしたことが無い管理人ですが… コレは買わねば!! 😯 


あらやだ可愛い… 😳 

ボイスはイベントボイスの様です。(通常の会話は…ポポポポポポ)

グラフィックも悪くない。

エマさん登場。

これがウワサのスライム!!(爆)
ドラゴンクエスト独特のメニューがイマイチ慣れない… ゼルダが終わったら本格的にプレイしてみようじゃないか。。。 😛

ゼルダの伝説 夢をみる島 Switch版発売!

ちょっと前ですが、9月20日に任天堂スイッチにて、ゼルダの伝説 夢をみる島のリメイク版が発売しました!  😀
管理人はスーパーファミコンの「神々のトライフォース」はプレイ済みなんですが、ゲームボーイで発売していた「夢をみる島」は未プレイでした。
折角スイッチでリメイクしたと言うので、買わない訳には!!


『ゼルダの伝説 夢をみる島 任天堂スイッチ版』


パッケージの中はこんな感じ…

実際にプレイを開始してみると…

何コレ!おもちゃで遊んでるみたいなグラフィック!!  😛

なんだか画面見てるだけで楽しくなってきちゃいます。

ちょこっとプレイするつもりが、時間を忘れて大変な事になりつつあります…  :mrgreen:

個人的にリチャードがこんな所に登場してるのを知れて嬉しい(笑)
(本家はもっと2枚目キャラだった気がするけど…)
このノリで、「カエルの為に鐘は鳴る」もリメイクしないかなぁ…
アレ名作だと思うんだけど。。。サブレ王子に会いたい!!!  😎 

AiSEGと2019年モデルのエアコンを接続してみた!

管理人宅のエアコンは元々エアコンが付いていたリビングを除いて全てパナソニック製で統一しており、全てAiSEGから管理できるようにしてあります。
今年はいよいよ古くなったリビングのエアコンもパナソニック製に交換しようと思ったのですが… 🙂

はい、AiSEGのサポートリストの更新が2018年で終わっており2019年モデルの接続可否がわかりません。
つまるところ、AiSEGからAiSEG2に買い替えてね!って事ですね。 :mrgreen:

AiSEG2は、ネットショップで買おうとすると… 大体35000円程度。
それに加えて、AiSEG2は途中のファームウェアからAiSEG2に直接接続しているエアコンはエオリアアプリからの操作ができなくなる改悪(?)があったため、同一の操作感で使用するためには、無線ゲートウェイ(CF-TC7B) 約8500円程度が別途必要…
って訳で、43500円くらい掛かる訳ですよ。 🙄 

ただ、リビングに設置予定のエアコンは空気清浄機能付きのそこそこ良いものを設置しようと思っていたので、無線LAN内蔵の機種であればAiSEGで使えなかったとしてもエオリアアプリで一括管理できるのもあって、AiSEGと2019年モデルの接続をトライしてみました! 😛


『パナソニック エオリア Xシリーズ CS-X569C2』

…室外機デカくない? こんなもの??
工事業者さんに古いエアコンを取り外して新しいエアコンを付けた貰ったわけですが…

室内機

旧エアコン

新エアコン

室外機

旧エアコン

新エアコン

やっぱりデカいよね… ちゃんと収まって良かった(汗)
2019年のXシリーズはウェザーニュースの情報を利用して先読みで空気清浄を始めたりする機能があるらしいです。多機能過ぎて設定がメンドイったらない… 😆
まぁ、逆に言うと一度設定しちゃえばあまり弄る事もないって事なんですが。

ちなみに本題のAiSEGとの接続ですが…

「メニュー」を押して

「設定」を押して

「▽」を押して

「ネットワーク連携」を押して

「ネットワーク機器登録」を押します。

エアコンのWi-Fi接続ができていればココにリストされる(デフォルトは「エアコンA」とか言う名前)ので、チェックを入れて「決定」

メニューの「機器コントロール」から…

一括停止ができる事を確認しました。「個別制御」を押すと

こんな感じで遠隔操作もOK 😀 

ただ、エアコンに対してデータリンク(どのブレーカ回路を使っているかの指定)や、空気環境グループの設定ができない(ボタンが表示されない)ので、メニューの空気環境には表示されません。
URLを偽装して無理やり設定してみたりしましたが、チェックが入っているらしく有効にはなりませんでした。

ただ、これは2019年モデルだから… と言うよりも、そもそもAiSEGが無線LAN接続のエアコンを想定していない(AiSEG2は2018年3月21日より対応)からの様な気がします。
結果から推察するに、無線アダプター(CF-TA9)をエアコンに接続したパターンであれば2019年モデル以降でも動作するんじゃないでしょうかね。 😉
根拠としては、AiSEG自体は2016年のファームを最後に更新はなく、その後も2018年モデルまで対応しているので… 通信方式が変更になるような事がない限りはイケると思われます。

※ もちろん、実際に取り付けされる際には自己責任でお願いします…




Next »