トラブル

録画PCにHDDを追加!

最近録画PCの容量が一杯になってきて、Windows10の表示が赤色になってしまったのでAdaptec RAIDの空きスロット(空きポート)にHDDを追加して最大容量化することに…😀


『Seagate ST2000LM015 2.5インチ 7mm厚 SATA HDD』


最後の空きスロットに挿入…


Adaptec Storage Manager(ASR)にてLogical deviceの拡張を実施…
前回30数時間掛かったので、今回はたぶんそれ以上かかるかも?

…数日後に画面を除いてみたらASRが異常終了してアプリを起動しても無反応…
このままではどうなってるのかもわからないので仕方なく再起動してみたら。。。

☆ピーーーー☆ 恐怖のディスク障害ビープ音

起動したPCのASRを恐る恐る覗いてみたところ、Reconfiguringが続いていたのでまた放置…
終わった頃に覗いてみたら、容量は増えてるけど刺したディスクは未使用状態でLogical deviceはSub-Optimal状態(RAID6のため)😲

うーん。どうも再構成は継続したけど刺したディスクは除外されちゃった?
一旦スペア扱いで再登録したらリビルドが始まって無事にOptimalに戻しました。😁

めでたしめでたし!
これでしばらくは大丈夫だね!!

…でも、2.5インチのHDDで2TB以上のサイズが発売していないので次に逼迫したらどうしよう。。。

PCVRのVive Cosmosを買ったよ! その4

皆さんアイトラッキングと言うものをご存知ですかね?
目の周りに装着して何処を見ているのかなどをトラッキングする機械の事です。

VR界隈でよく聞くのはフォービエイテッド・レンダリングとかでしょうかね。
人間の目は視線の先の部分以外は適当に描写しても分からないんだそうです。
その特性を利用して、視線の先にある部分だけを綺麗に描写する事でGPUの負荷を軽減するヤツですね。

PCVRだと、VIVE Pro Eye(¥179,168-)が標準で対応しています。
…が、最近安価でVIVE CE(※1)や、VIVE Cosmos、VIVE Proに対応した後付けのアイトラッキング機器が発売されています。(一応Cosmos専用ってことなので他のに付ける場合は自己責任)


『7INVENSUN Droolon F1』

ただ、まだまだ出たばかりの製品なので難儀するユーザ続出中です。
ぱっと簡単に動くものではないので、今の段階で手を出す場合はある程度覚悟た方が良さそうです。


中身はこんな感じです。説明書などは付いていません。
7INVENSUNのWebサイトにて最新のマニュアルとソフトウェアを入手する必要があります。
ただ、パッケージ等結構ちゃんとしているので、将来的に安定動作できるようになれば全然アリかと… 😁

とりあえず機器の取り付け方法ですが、以下の通りです。
・コスモスのフロントパッドを取り外す
・サンドイッチフロントパッドをDroolonの箱から取り出す
・取り出したサンドイッチフロントパッドと取り外したフロントパッドを合体させる
・合体したフロントパッドをCosmosに取り付ける
・フェイスクッションを取り外す
サンドイッチフェイスクッションをDroolonの箱から取り出してフェイスクッションに取り付ける
・サンドイッチフェイスクッションをCosmosに取り付ける
・Droolonの背面にあるバックルを取り外す
・Comosのトップストラップを持ち上げる
・トップストラップをDroolonとバックルで挟むように固定する
・DroolonのケーブルをUSBに接続する
・DroolonリングをCosmosフレームに設置する
https://www.youtube.com/watch?v=34ZwlhEaPuI


取り付けるとこんな感じになります。


続いて、7INVENSUNのサイトから、Supporting Software for XRのDroolon F1 ResourceBundleをダウンロードします。
(使用するResourceBundleによっては動いたり動かなかったりするので結構難儀します。頻繁に更新しているようなので動かないようであれば数日おきに試してみるといいかも…)

以下、管理人が動作に成功したセットアップ手順(要管理者ユーザ)

  1. TobiiとSRanipalのラインタイムがインストールされている場合はアンインストールしておきます。
  2. 以下のフォルダがあれば削除(隠しフォルダ注意)
    Program Files\Vive
    ProgramData\Tobii
    Users\[ユーザ名]\AppData\LocalLow\HTC Corporation
  3. WindowsのUACを無効にする、SteamVR設定にてViveダッシュボードを無効化
  4. PC再起動
  5. ResourceBundle内のVIVE_SRanipalInstaller.msiをダブルクリックしてインストール
  6. ResourceBundle内のSRanipalフォルダをProgram Files\Vive配下の同ディレクトリに上書き
  7. デスクトップのSR_Runtimeを実行(自動的にTobiiランタイムがインストールされる)
  8. PC再起動
  9. SR_Runtime実行
  10. リンクボックス電源ON(SteamVR起動)
  11. キャリブレーション

以後は、リンクボックス電源ON前(SteamVR起動前)にSR_Runtimeを実行すればOK
ちなみに、SRanipal SDKのUnityパッケージをそのまま使っている場合は、スクリプトにHMDの機種判定があるらしくそのままでは動かないっぽいです。
現状はSRanipal_Eye_Framework.csを修正することで暫定対応できるとのこと… 😄

ちなみにちゃんと動作するとこんな感じ…

現時点では視線方向のみの情報しか取れない様です。
(将来的に商用ライセンスで多岐情報を取得できるとのこと)
ただし、瞬きもライセンス無しで検知できるように働きかけているらしいです。

…で肝心の感想ですが、ケーブル配線などの関係で(?)スペーサーをHMDに追加する関係で、レンズから瞳の距離が装着前と比べて若干離れてしまうため、視野角が狭くなるのがちょっと気になりました。
スペーサーが無くても取り付けは出来そうなので、もしも無くてもトラッキングできるのであればつけなくても良いかなぁ… 🙄

2020/06/17 追記
キャリブレーション画面で止まってしまう場合には、HMDのUSB接続ポートを変更したり、使用していないUSB機器を取り外したりしてUSB機器の数を減らすと良いとのこと…

※1 VIVE CEはUSB Type-Cポートが無いためサポート対象外とのこと。
Type A to C変換で動作するとは思いますが、壊れても文句言えません…

MSA2000 ディスク交換

先日MSA2000のディスク障害の記事を書きましたが、リビルド中に他のディスクが死亡したのもあって、交換用のHDDを手配しようにも、他にも壊れているHDDがあるかもしれない… という状態のため…
SATA HDDだけで構成しているLUNや確実に生きているHDDだけにちょろちょろとデータを退避して、その他のディスクでRAID構成したりして壊れてるHDDを何とか特定。


結局のところ、4本死んでました。😨


入手したHDDに交換してテスト…


あれれ、1本だけ不良品… また交換に行かないと… 😖

インターネットをDS-Lite対応にしてました!

最近混雑時間帯になると下りが10Mbpsくらいになってしまうし、回線料金でそれなりの金額払ってもいるので、これはもう限界かな… ってことで、DS-Lite対応にしてみました! 😛

プロバイダーはお世話になっているインターリンク!
ネットお申込みで3分開通(ZOOT NEXT/月額990)のめちゃ早で2か月無料、料金もお安いプロバイダーです。
DS-Liteは対応ルータを用意する必要があるので、ポチり…
DS-Lite対応のプランはZOOT NATIVE(月額1100)お申し込み1時間開通!(フレッツのお客様IDとアクセスキーが必要)

DS-Liteは残念ながらIPv4はグローバルIPではないので、うちのネット環境をそのまま移行するためにはZOOT NEXTとZOOT NATIVEのダブルセッションにする必要がありますが、問題なくサポートもされている様なので安心。


って事でこんな感じになりました。 😀 
一番下がNTT貸与品のONU一体型ルータ。その上にDS-Lite用ルータ、一番上が通常のPPPoE用ルータ!
PPPoE用はIPv6を無効にしておき、IPv4はダブルゲートウェイでDHCPサーバではDS-Liteを見る様に…
外部アクセスが必要なものは手動設定でPPPoEルータを見る様に設定して移行完了!

何度か接続テストしてみましたが、IPv4だと回線理論値、IPv6だと理論値超えることもありめっちゃ早いですね!
ってな訳で、インターネットが遅くて悩んでいる方の参考になれば!!

Next »