トラブル

楽天アフィリエイトのプラグインが死亡…

光輪サーバのPHPを上げないとWordPressがバージョンアップできないよ!
ってずーっと怒られてたので重い腰を上げてやっとこUpdateしたはいいものの…

楽天のアフィリエイトに使っていたプラグインが非対応に…
しかもプラグインファイルをちょこちょこ弄ってたら一覧にすら出てこなくなった(爆)

…と言うわけで、記事になんかアフィの痕跡が表示されてますが気にしない方向で…
この機会にアマゾンのアフィリエイトに申請してみました。
とりあえずプラグインを入れてみたものの、何やらAWSの認証がどうのこうの… えぇ? 困惑中 😆

2019/11/03 追記
なんかよーわからんけど、Amazonアフィの審査に落ちました(爆)
理由くらい説明してほしいけど、無理なんだろうねきっと。。。だったAmazonだもん…(ぇ

…と言う訳で、違う楽天のプラグインを入れてちょこっとレイアウト変えてみました。
まぁ、、、無いよりマシな程度しか意味はないけど。 🙄

AiSEGと2019年モデルのエアコンを接続してみた!

管理人宅のエアコンは元々エアコンが付いていたリビングを除いて全てパナソニック製で統一しており、全てAiSEGから管理できるようにしてあります。
今年はいよいよ古くなったリビングのエアコンもパナソニック製に交換しようと思ったのですが… 🙂

はい、AiSEGのサポートリストの更新が2018年で終わっており2019年モデルの接続可否がわかりません。
つまるところ、AiSEGからAiSEG2に買い替えてね!って事ですね。 :mrgreen:

AiSEG2は、ネットショップで買おうとすると… 大体35000円程度。
それに加えて、AiSEG2は途中のファームウェアからAiSEG2に直接接続しているエアコンはエオリアアプリからの操作ができなくなる改悪(?)があったため、同一の操作感で使用するためには、無線ゲートウェイ(CF-TC7B) 約8500円程度が別途必要…
って訳で、43500円くらい掛かる訳ですよ。 🙄 

ただ、リビングに設置予定のエアコンは空気清浄機能付きのそこそこ良いものを設置しようと思っていたので、無線LAN内蔵の機種であればAiSEGで使えなかったとしてもエオリアアプリで一括管理できるのもあって、AiSEGと2019年モデルの接続をトライしてみました! 😛


『パナソニック エオリア Xシリーズ CS-X569C2』

…室外機デカくない? こんなもの??
工事業者さんに古いエアコンを取り外して新しいエアコンを付けた貰ったわけですが…

室内機

旧エアコン

新エアコン

室外機

旧エアコン

新エアコン

やっぱりデカいよね… ちゃんと収まって良かった(汗)
2019年のXシリーズはウェザーニュースの情報を利用して先読みで空気清浄を始めたりする機能があるらしいです。多機能過ぎて設定がメンドイったらない… 😆
まぁ、逆に言うと一度設定しちゃえばあまり弄る事もないって事なんですが。

ちなみに本題のAiSEGとの接続ですが…

「メニュー」を押して

「設定」を押して

「▽」を押して

「ネットワーク連携」を押して

「ネットワーク機器登録」を押します。

エアコンのWi-Fi接続ができていればココにリストされる(デフォルトは「エアコンA」とか言う名前)ので、チェックを入れて「決定」

メニューの「機器コントロール」から…

一括停止ができる事を確認しました。「個別制御」を押すと

こんな感じで遠隔操作もOK 😀 

ただ、エアコンに対してデータリンク(どのブレーカ回路を使っているかの指定)や、空気環境グループの設定ができない(ボタンが表示されない)ので、メニューの空気環境には表示されません。
URLを偽装して無理やり設定してみたりしましたが、チェックが入っているらしく有効にはなりませんでした。

ただ、これは2019年モデルだから… と言うよりも、そもそもAiSEGが無線LAN接続のエアコンを想定していない(AiSEG2は2018年3月21日より対応)からの様な気がします。
結果から推察するに、無線アダプター(CF-TA9)をエアコンに接続したパターンであれば2019年モデル以降でも動作するんじゃないでしょうかね。 😉
根拠としては、AiSEG自体は2016年のファームを最後に更新はなく、その後も2018年モデルまで対応しているので… 通信方式が変更になるような事がない限りはイケると思われます。

※ もちろん、実際に取り付けされる際には自己責任でお願いします…




MSA2000 コントローラ死亡 その2

管理人宅に海外発送の結構大き目の段ボールが届きました。

一体コレは何ぞや… 🙄 

新しいMSAのコントローラでした! 🙂
そうでした。速攻でeBayで注文したんだった…


…と言う訳で交換開始です。(左が故障、右が正常)
コントローラの交換手順は、将軍腹に頂いたので参考にしながらごにょごにょ…
と言っても、基本的には予想していた通りコンパクトフラッシュを入れ替えて差し替えて起動するだけ。


無事に起動しました! 😀 
故障前に切ってあったLUNも無事に認識し、データも無事でした。

コントローラが1台だけだとエアフローが悪くなって故障の原因になる様な事が書いてあったので、壊れたコントローラも差しておく事にしたんですが、一度電源をOFF/ONしたところいつまで経っても起動しなくなってしまいました…
仕方がないので、半刺しで回避する事にします。 😎

ほっとしたのもつかの間、MSA前面を見ると…

ディスク死んどるやないけぇーぃ!

コマンドから確認してみるも、そもそも “1.1” を認識してない様子…
交換用のディスクを注文しておきますかねぇ。 😥

デスクトップPCの中身総替え計画発動! その3

先日、デスクトップPCの中身を交換して新しくなった管理人のパソコンですが、
時折ファンが原因と思われる異音が聞こえる事に気付きました。
CPUクーラーは新品だし、ケースFANが原因でもなさそう…
って事は電源か?…ってな感じでFANを交換してみることに。。。 🙄


『SILVERSTONE社製 SST-ST50F-ESB 500W』

付いているFANは、12cmファン(回転数不明)です。商品ページの回転数の変化グラフを見るに… だいたいMAX 1700rpmくらい? と、勝手に判断して新しいFANを注文しました。 🙂


『X-FAN 120mmファン RDL1225B / 1700rpm /27db』


電源をバラして、新しいFANを装着…
電源はそのままでは繋がらないので、古いFANの配線を拝借して半田しました。


あとは… グラフィックボードを交換した際に、サイズの関係で取り外さざるを得なかったケースFANなのですが、厚さ1cmのものなら入りそうでしたので取り付けてみることに…


『AINEX 80mmファン+固定用防振ブッシュ CFY-80US-SET / 2500rpm / 23.3db』

厚さ1cmで静音FANでの選択肢が殆ど無かったので、必然的にコイツになりました。
試しに取り付けてみると… 


こんな感じになりました。
うん、悪くないですね! 😛 
この位置にFANが無いと、グラフィックボードの排熱が回り込んで冷却効率が悪くなりそうだったので、取り付けできてちょっと精神衛生面が向上… 😀

…と安心したのもつかの間、なんかまた音がするような気が… なんなのもう。。。

Next »