MSA2000 ディスク交換

先日MSA2000のディスク障害の記事を書きましたが、リビルド中に他のディスクが死亡したのもあって、交換用のHDDを手配しようにも、他にも壊れているHDDがあるかもしれない… という状態のため…
SATA HDDだけで構成しているLUNや確実に生きているHDDだけにちょろちょろとデータを退避して、その他のディスクでRAID構成したりして壊れてるHDDを何とか特定。


結局のところ、4本死んでました。😨


入手したHDDに交換してテスト…


あれれ、1本だけ不良品… また交換に行かないと… 😖

MSA2000のディスクが死亡…

MSA2000は実家に置いてあるんですが、ディスクが1本死んでたので
色々弄っていたらこんな状態に… 😆


ディスク2本死んだ…

2本目のLEDが点灯するとMSAが無応答になるんですが、そのタイミングで電源を切って入れ直すと復活します。
なので、リビルド動作などが起きない様にペアのディスクを引っこ抜いておくと、とりあえずMSAは起動はできました。

あとは必要データを退避させてひとまず終了…
他にも死んでる可能性のあるディスクもあるかもしれないし、、、どうしようかなぁ。。。 🙄

リビングESXの内蔵HDDをRAIDカード経由に変更! その4

MegaRAIDのバッテリーを注文しておいたのですが、届いたので取り付けて性能がどれくらい変わるのか確認してみました。 😉


『LSI MegaRAID iBBU08 Battery + Cable set』

比較的安価な値段で流通しているようなのでサクっと注文してみました。

心なしか既に若干膨らんでいる様な気も… こういうもの?


取り付け前

取り付け後

バッテリーは長めのケーブルで接続するので、必ずしも基板上に設置する必要は無いかも…


取り付け前

取り付け後

PCIeスロットの横にあるHD Audioのピンヘッダと若干干渉気味だったので、ちょっと調整してなんとか装着完了… 😀


MegaCliコマンドでキャッシュを有効にします。 🙄

それでは、ベンチマークを計測してみましょう。

HDD バッテリー無し/キャッシュ無効 100MB

HDD バッテリー有り/キャッシュ有効 100MB

断然大違いですね… 😛 
これならスナップショット取得しても速度低下は抑えられそう…

リビングESXの内蔵HDDをRAIDカード経由に変更! その3

先日、内蔵HDD(SSHD)をRAID化しましたが、これがSSHDじゃなくてHDDだったらどうなんだろう… と言う考えに至りました。 😕

…と言うのも、SSHDは7mm厚で、元々別のRAIDカードで構成しているHDDは2個だけ9.5mm厚なので… 入れ替えれば全部5インチベイに収まる事に管理人は気付く!  😛


…と言う訳で、抜いては差し替えて… を繰り返してHDDを完全に入れ替える事に成功。

2台だけSSHDなので、分かり易いように左下にまとめてみました。

交換した結果ですが… 体感はよくわかりません。 😆 
とりあえずベンチマークを取ってみましょうか…

SSHD 100MB

HDD 100MB

…あれ? 読み込みが早いのはRAIDカードのキャッシュのせいでしょうね。
書込みが… 早くなってる? 😯 

SSHD 1000MB

HDD 1000MB

…と言う事で、環境にもよるんでしょうが、管理人の環境ではSSHDはあまり効果がなさそう…って事で、このままHDDで行くことにします。  😀

Next »