さて、最近は360ChannelがPSVRに対応したり、DMMがPSVRに対応したりとVR動画界隈がにぎわってきました。
ちょっと前ですが、YoutubeもVR動画に対応していますので、いろいろと楽しめる環境が整いつつあります。
…さてさて、噂のVR動画とやらはどんな感じなのか試させて頂きましょう。 🙂

使ったのは、360Channel です。
(YoutubeやDMMはスクリーンショットが禁止に設定されていて取れませんでした)

画面の中央にちんまり表示される利用規約。
あんまり全部読む人は居ない気がしますが、そもそも読ませる気がないのは初めてだ… 文字が潰れて見えねぇyo…

こんな感じのメニュー画面です。
コントローラ操作ではなくて頭で操作する感じのインタフェースなので、ちょっとしんどい…

詳細メニューはこんな感じ… 設定で画質とかいろいろ変えられるのかと思いきや…

手ぶらモード設定しかありませんでした。うーん…

とりあえずコンテンツをいろいろと見てみることに…

さてさて、Youtube、360Channel、DMM と一通り見てみた結果。
どれも画質はイマイチです。特にDMMに至ってはフレームレートが非常に低いものが多く、長時間見続けるとVR酔いするかもしれません。

画質がよくない様に見えるのは、決してPSVRの画質が悪いわけではない様で… おそらく配信されている画像そのものの問題かと思います。
PSVRの両目で、1920×1080(片目960×1080)ですが、配信動画は360度×両目分で1920×1080(2K)ないし、3840×2160(4K)が殆どですからそれが原因のように思います。
また、すくなくもとYoutubeに関してはPSVRで4KのVR動画を見ても、2K動画として再生しているように見受けられました。
…なので、現時点ではVR動画にはあまり過度な期待しない方がいいかもしれません。
ただ、それなにり没入感はちゃんとありますのでこれから期待って感じでしょうかね…


好評につき売切れです

好評につき売切れです

好評につき売切れです