任天堂スイッチでのゼルダに続く大型JRPG『Xenoblade2』が発売しましたね!
管理人は前作のXenobladeは未プレイなんですが、XenobladeXのリマスター or 続編発売を願って手を出してみました。


『Xenoblade2 -ゼノブレイド2- 任天堂スイッチ/モノリスソフト』

まず、XenobladeXはオープンワールドのアバター方式でしたが、Xenoblade2はエリア切替のプレイヤー固定です。ただ1つのエリアが広大なため、あまりマップ云々を意識する事は無いです。  😎
むしろリアル商店街並にごちゃごちゃしているので、最初は戸惑うかもしれません。
また、街で買い物をしたり人と話したりすると、商品が増えたり発展したりします。XenobladeXで特定メーカーの武器を使いまくると企業が新製品を開発するのと少し似ているかもしれません。

(以下の画像からクリックで拡大)

起動前にアップデートがダウンロードされます。(ほんの数秒程度でした)

日本語と中国語に対応している様です。

こちらタイトル画面。

ゲームを始めると導入で簡単なタイトルロゴが表示されます。
主人公は雲海(海のようなもの)から値の張るものを引き上げて換金するサルベージャーです。

会長直々での高額依頼を勢いで引き受けちゃいます。

その結果、巨大な古代船を探索することになり…

ホムラ(ヒロイン)と出会う事になります。
そこで、ジュバっとズゥバァッと殺られちゃう訳でありますね。  😯

ホムラの命を分け与えられ、ドライバーとなって蘇った主人公は何とか逃げ出します。

一緒に逃げたニアを仲間に『楽園』を目指す冒険が始まります。  😛

Xenoblade、XenobladeXでもお馴染みのノポン。(XenobladeXと比べるとモフモフ感が減ってる?)

グラフィックは流石に実写と見まがうほど… とは言いませんが、予想以上に結構綺麗です。

戦闘シーンは、XenobladeXと似ていますね。
ただ、この繋がってる感とホムラの台詞を聞いていると、頭の中にアルトネリコがチラつきます…

「+」を押すとシステムメニューが開きます。
ゲームの進行に合わせて機能が解放されていくイメージですね。  😉

クエストログを開くとこんな感じ… ここからアクティブクエストを切り替えると、切り替えたクエストの情報がマップ等に反映されます。

システムメニューはこんな感じ、ニアを仲間にして街に戻ったあたりから、どこでも時間変更ができる様メニューが拡張されます。
XenobladeXではいちいちベンチとかを探さないとダメでしたから、これはラクチン!  🙂
ちなみにセーブ可能個所はどうやら1個だけの様です。

途中、8BITレトロゲームライクなミニゲームが登場します。なんか無駄に再現性高いのにちょっと感心…
笑いあり・涙ありの王道RPG!気になったらプレイするべし!!
そしてあわよくば、「XenobladeX2」を!!!

Xenoblade2

XenobladeX




好評につき売切れです