Sony Xperia SO-02Eのバッテリー交換をしてみた!

家族のスマホのうち1台が、docomoのXperia SO-02EをMVNOで、DMM Mobile契約で月額500円ちょっとで使っています。
ところが、最近は不意に電源が落ちたり、起動時の無現ループに入ったり設定が初期化される… という事だったので、これはバッテリーかなぁ… って事で交換にチャレンジ!


『docomo Sony Xperia SO-02E (SIMフリー版 C6602)』

バッテリーは、純正を謳う商品がちらほらありますが、本当に流通しているのかも怪しく… 価格的にも安すぎるので、いっそ安心できる互換品にしてみました。


『Sato Commerce 互換電池パックLIS1502ERPC』

ざっと調べたところ、使用実績も多く評価も高かったのでコレを選択!
佐藤さんの検印付きで安心です(?)


ドライヤーで熱しながら、吸盤で隙間を作り… すかさずピック状のこじ開ける用具でフルオープン!
バッテリーも両面テープで本体に接着されているので、同様の手法ではぎ取っていきます。

バッテリーを外すとこんな感じ…
管理人は取り外したバッテリーの包みに亀裂が入って少し破損してしまったので、可能な限り空気を押し出してからビニールテープで亀裂を完全に塞ぎ… 念のため周囲もぐるぐる巻きにしました。

交換用のバッテリーを取り付けて軽く動作確認をした後、問題なければ両面テープを取り付けて、背面カバーを張り付ければOK!
これでまた暫くは戦えますね!!  😛 

契約のないSH-03Gの電池交換を申し込んでみた その1

管理人のスマートフォンは、SHARP SH-03G(Docomo)ですが、SIMはBIC SIMなのでドコモとの直接契約はありません。
最近、スマホのバッテリーの調子がわるく… 40%台から突然0%になってシャットダウンが発生したり、体感で前より減りが早いなーと感じる様に。
これはこれはバッテリー交換するしかないかなーと思いましたが、最近のスマートフォンは電池を自分で交換できないものが多く、この機種もその1つ…
ここはドコモショップで交換をお願いするしかない!って事で交換をお願いしてきました。

交換を前に用意したのは今使ってるスマートフォンの代替機!

同世代に販売された「SHARP SH-04G(Docomo)」にしてみました。
これは、一部不具合ありのジャンク品を安くオークションで入手!
ドコモとの契約があればドコモショップで代替機を貸してくれますが、MVNOでは無理なのでこれは必須!(修理から帰ってくるまで使用不可でOKなら大丈夫ですが…)

ショップに持っていく前にデータのバックアップや移行も忘れずに行います。
おサイフケータイ(Felica)も忘れずに…


いざ!ドコモショップへ!!
受付のお姉さんに、契約がないことと電池交換希望であることを伝えます。

故障修理ではありませんが、個人情報保護云々の理由から初期化を要求されますので同意します。
正直どうかと思います… ただ、ロックや暗号化が掛かっていると動作確認もできませんからノーガードで引き渡す事になるので、初期化した方が安心できるのは間違いないでしょうけども)

現時点でのまとめ
・事前にしておくこと:スマートフォンのデータバックアップと代替機の用意
・用意するもの:スマートフォン本体(本人確認書類や身分証、必要書類等はない)
・スマホの状態:本体初期化、Felica初期化(受付時に初期化される)
・交換にかかる期間:2~3週間ほど(見積修理扱い)
ドコモリペアセンターで内部検査の後に修理見積、修理可否確認の後に修理
電池交換のみは不可、他に不具合があれば全部まとめての修理となる。
・交換にかかる費用:電池代(約6000円)~ 全交換(端末一括購入代金相当?)
何も問題が無ければ、電池代+防水パッキン代程度で済むと予想。
(画面割れや水没などあからさまに不具合がある端末は素直に新しいのを用意するのが良いと思われる)
・交換費用のお支払:修理後にドコモショップの窓口でお支払

窓口では、自分の氏名・住所・連絡先を記入します。
連絡先には、修理見積代金の連絡がくるので日中に取れる番号を記入するのが吉!

さぁーて、いつ帰ってくるかなぁ…
(と言いつつ、SH-04Gの代替機を触ってますが… あれ?、こっちの方がサクサク動く気が… きっと気のせいだな、うん。)

2017年の家庭菜園 その14

恐らくは、今年は最後だろう家庭菜園ネタでございます。
…といってもお野菜の話ではなく…

畑に設置してある太陽光発電を電源とした監視システムについてです。

最近監視カメラの稼動時間が短くなってきていまして… ちょっと困っていました。
恐らくは雨が長期間続いたりした際に電気さくの電源として利用しているバッテリーが過放電気味になってしまう事が多々あったせいかな… と勝手に妄想。
一応、ディープサイクルバッテリーではある筈ですが、まぁ2年持てばいい方ですよね。 😎


…と言う事で、バッテリーの交換でございます。

これで安心、と思っていたら想定外の不具合を発見…
うーん。これはもう年明けでいいかなぁ。  😉




MSA1000のディスク交換だよ!

ちょっと前から壊れてたMSA1000のHDD… 別にRAID組んでるしすぐに害は無いものの… ずっとそのままってのもなぁ… って事で重い腰を上げて交換してみました。 😉

MSA1000
左側の液晶が「Fibre Subsystem Link Failure」になってるのは、Brocadeが壊れたせいでFCケーブルがサーバ直結になってるせいで、サーバを再起動すると一時的に光が消えちゃうため…
つい先日修理もできたし、早く元にもどさないと… 😕

MSA1000
問題のディスクはコレ。虚しいオレンジ色点灯でございます…

MSA1000
手順は簡単、壊れたディスクを抜いて新しいディスクに差し換えるだけ!

MSA1000
リビルドが開始されました…
ちょっと前にサードパーティー製に交換して不良だったバッテリーもそのうち直さないとなぁ。
これ修理しないと、オンライン拡張とかできないんだよねぇ… 😎

Next »