2019年の家庭菜園 その5

さてさて、暖かくなってきましたね。
ぼちぼち梅雨に入るので、作物の成長が物凄い時期になります。

畑を弄ってたら、何やら小さい物体がそろりそろりと近寄ってきました。

ビバ! 子猫ちゃん。(恐らく生後1ケ月程度?)
ネコちゃんに見守られながら作業します…

サツマイモは無事に根付きましたね。

じゃがいも…は、別に植えたわけではないのですが、前にサイズが小さすぎて収穫しなかったヤツなどから大量発生中… 😎

人参はこんな感じ…

対して大根はもう結構な成長具合です。 😛

枝豆はこんな感じ… 適当にやっちゃったから、発芽率が低いなぁ。。。 😕

こちらはカブ…

奥が小玉スイカ、手前が小玉メロンだったかと…

今年は落花生もやりましょう! 🙂

イノシシ除けのトウガラシも忘れずに!

太陽光発電と遠隔監視システムですが、今日も元気です。
電気さく用のバッテリーですが、満充電で一週間くらいが限界っぽいですね…
うーん、電気さく用に小さな太陽光パネルでも付ける…? :mrgreen:

…と、畑の方はこんな感じですが、
庭の方もにぎやかな感じになってきてますよ。

キュウリ(左)と、大玉スイカ(右)

小玉スイカ

小玉メロン

ゴーヤ(白いゴーヤとサラダゴーヤ)

プランターの玉葱も結構大きくなってきました!

ピーマンも実ができ始めてます。

トマトとチェリートマト

ナスは外せません…

ブルーベリーは今年も良い感じ!

落花生の苗はまだ全部植えて無くて、ある程度の大きさになるまで庭でポットに植えて育てているんですが… ちょっとポットをどけてみたら…

「シロマダラ」

超絶びっくりしました。
幻のヘビとか言われてるらしいですね。(個体数が少ない訳では無く、見つけにくいらしい)
どっかのサイトに説明で「凄く攻撃的だけど攻撃力が”0″」とか書いてあってちょっと笑いました。 😀

2019年の家庭菜園 その4

家庭菜園とタイトルを付けましたが、今回の記事は野菜は関係なく…


容量小さ目のバッテリーを買いました!

『LONG WP12-12 12V12Ah ディープサイクルシールドバッテリー』

何でバッテリー?かと言うと…
畑の電気さくの電源を太陽光発電システムのバッテリーからダイレクトに取っていましたが、おそらく過放電の影響から1年持たずにダメになってしまう事がわかったのでバッテリーを別にしようかな…と。

しかし、ソーラーパネルの電力を分岐するのもイヤだし。かと言って新しくパネルを追加するのもなぁ…
って事で悩みましたが、電気さくの消費電力なんてたかが知れているし、自宅で充電して畑に行くたびに交換すればいんじゃない?


って事で、ちょっと前に充電器も購入済みだったり…(Wishで購入)
見るからに中国製で、非常に軽いです(笑)

値段は送料込みで1000円程度だったと思いますが、意外に高機能…(表示が信用できるのかは疑問ですが)

温度(充電器内?)

電圧

電流に加えて、電池残量まで表示してくれます。

結構重いバッテリーを毎回持ち運ぶのはアレですが、まぁ… 仕方ないですよね。
実際にしばらく動かしてみてどれくらいバッテリーが持つのか確認したいところです。
(あんまり無茶するとまた過放電しちゃうから注意しないと…)




HP SmartArray6400 バッテリー交換!

先日、SANブートから内蔵HDDからの起動に変更したので、

「Array Accelerator Battery Charge Low」これを直しておきたいな…
って事で、バッテリーを注文しておきました! 😎


はい、リチウムイオンと書いてある箱に入ったニッケル水素蓄電池です。
めっさ適当感が溢れてますね…


おもむろにサーバを開けてキャッシュについているバッテリーを交換…
よーし、これでOK。
…と思って蓋を閉めようとしたところ…

え… こんな所にもバッテリーが(爆)
キャッシュの方外して、こっちに付けた方がええんかなぁ…(悩)

とりあえずバッテリーの付け外しだけでも結構メンドイので見なかった事に… 🙄

オムロン POWLI BY35Sのバッテリーを交換!

管理人宅ではパナソニック社製の創蓄連携システムを使っているため、あまり停電の心配は無いんですが、停電発生時から自立運転に切り替わる5秒間だけ供給が止まってしまうため、何カ所かにUPSを導入しています。


『オムロン POWLI BY35S UPS 正弦波出力』

BY35Sは主にリビングESXとその周辺機器(BDレコーダなど)の為に置いているんですが、バッテリーの交換時期はとうの昔に過ぎていまして…  😆 
5秒間くらいは全然余裕で持ってくれそうなので騙し騙し使ってきたのですが。
つい先日、バッテリー残量が”0″になってエラーを発する状態になったので急遽交換バッテリーを手配…  😯
(その後、一度UPSの電源を完全に落としてみたら、なんか復活したんだけども…)


『omron 交換用バッテリー BYB50S DC12V 7.2Ah』

何だか良く分かりませんが治ってしまったので、一瞬そのままでも良いかな…
とか思いましたが、鉛バッテリーの保存期間はおよそ6ヶ月が限度なのでどのみち交換は必要なんだよね… って事で、サクっと交換することに。


繋がっている機器の電源を落としてUPSの電源をOFF、ケーブルを抜きます。
UPSを横倒しにして底面のネジを外すと蓋がスライドしてバッテリーが見えます。

左が新しいバッテリー、右が古いバッテリー…
後は単純に交換して元に戻すだけ。 😉


これでまた何年か安泰です…  🙂 




Next »