管理人宅には、モデル違いも含めて4台 3DSがありますが、うち1台が致命的に充電が妖しい状態です。
ケーブルの角度によって充電したりしなかったり… 充電LEDがチカチカしててバッテリーにもよくなさそう…
ってな訳で修理することに…


『任天堂 3DS (初期型)』

3DSって結構前に出て、もう世間はnew 3DS(2DS)だと言うのに中古でも結構値が張るんですよねぇ…
電源コネクタを覗いてみた時に、黒い仕切りのプラスチックが変形してたり、端子部分の露出が少ないようなら、コネクタ自体の問題。
コネクタ自体に問題が無さそうであれば、半田クラックが故障の原因としては考えられます。


交換用の電源コネクタ
密林で送料込みで驚きの「31円」でした。
到着まで1ケ月くらいを覚悟していたら、数日後にあっさり到着… 😯


電源コネクタの交換はカバーを外すだけで簡単にアクセスできます。
何個もフレキを外したり基板をひっくり返したりしなくて良いので、結構簡単な部類に入るかと…

ちなみに、管理人が今回修理した3DSは半田クラックが原因でした。
電源コネクタから伸びる足が完全に基板から離れてしまっており、ケーブルの角度によっては接触するため充電できる… と言うような状況。
交換後は、もうこれでもかっていう位に安定して動作しております… 😛


好評につき売切れです