管理人宅には食器洗い乾燥機(もとい食洗機)があります。
家事の助けになれば… と購入してはや10年。その間に引越しなどもしていますが、特に買い替える事もなくそのまま使ってきました。


『象印 ミニでか食洗機 BW-GA60』

ですが、流石にボロボロ感が半端なく… 隅の方の外装には錆びもチラホラ見えます。そろそろ買い替えかな… なんて考えて調べてみたものの…
据置きの食洗機ってもうパナソニックしか作ってないんですね。  🙁

店頭に展示してあるパナソニックの食洗機を見たんですが、今のより小さい様な…
この際ビルトインでもいいかなー?
って事で、食洗機をDIYで取り付けよう!!

食洗機は45cm幅で一番安いのをチョイス

『リンナイ RKW-404A』

管理人宅は時間帯別料金(夜11時以降が安くなる)なので、わざわざ夜が更けてから食洗機を動かしているんですが、動かすのを忘れる事がよくあったので欲しかった予約機能も付いているしコレでいいだろう…と。


管理人宅のキッチンはこんな感じ… この3段の引き出しを潰して食洗機をビルトインしてしまおう…  🙂

ちなみに、この引き出しは奥行は50cmくらい、横幅は棚の側面にあたる部分があるため実際には横幅41.5cmくらいしかありません。
ただ、奥行に関しては、向かい側の壁から計測すると62cm程度あるので棚の奥のベニヤをぶち抜けば奥行60cm以上確保できそう…

…で、食洗機の施工説明書をダウンロードして読んでいると、不思議なんですよね。
施工説明書には横幅45cm、奥行65cm以上必要とあるんですが…

本体最大幅寸法は確かに約45cmなんですが、コレって正面のパネル部分だけで、奥の方は通して40.7cmしかありません。なので、41.5cmの幅でも入ると予想!
(本当に入らなければ棚自体を丸ごと撤去すれば済む話ですし…)


奥行に関しても、62.05cmとありますが… これはフロントパネルの操作部分も含む長さなので、実際に棚に収納される部分は59.2cmの筈です。
確かに背面には配管などが出るので余裕は必要でしょうが、奥行62cmもあれば十分収まりそうです。


…と言う事で、壁をぶち抜きました。
次回以降では、給湯配管からの分岐と、排水パイプの設置をやりたいと思います!  😀


好評につき売切れです