ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック 発売!

ちょっと前に「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」が出て完結した管理人大好きな脱出ゲーですが、これの過去作品に当たる『9時間9人9の扉(DS版)』と『善人シボウデス(3DS版 or PSVita版)』を纏めてダブルで収録した作品がつい先日リリースされました!


『SPIKE CHUNSOFT / ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック』

PlayStation4と、PlayStation Vita、PC(Steam)に対応しています。
管理人が購入したのはもちろんPS4版です。ゲームは大きな画面でプレイしたい派なので…

9時間9人9の扉は、大本がDSのゲームですから音質も悪く、ボイスも無し、しかも周回プレイ前提なのに周回プレイに配慮した作りじゃない…と、話はオモシロイんですが、めんどくさい部分があったりしました。
善人シボウデスは、管理人的にはあまり文句は無いんですが、セーブエリアは3個と非常に少なかったです。(3DS版に合わせた?)

今回のリメイクではそこらへんをごそっと解決!
音声・画質をアップしてボイスも追加!、フローチャート導入で周回プレイも安心♪、セーブエリアも沢山用意!!
って事で、思う存分楽しめる感じになっております。

一つ難点を挙げるとすると… 手書きのメモができる画面をPS4のコントローラで操作するのは絶望的かなぁ。コレはマウスがないと無理っぽい…


裏はこんな感じ…

中をあけるとこんな感じに…

うーん。刻のジレンマもPlayStation4版出さないかなぁ。
ファイ可愛いよファイ!!!





この世の果てで恋を唄う少女YU-NO プレイしてみた

昨日発売したリメイク版『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』をプレイしてみました!
昨日は開封の儀のみの報告でしたが、プレイしてみて気になった所とかをちょろっと書いてみます。

(以下スクリーンショット画像はクリックで拡大)

起動画面

PC-9800シリーズ版のオープニングでは、最後まで見ないとアレの取り方がわからない感じでしたが、今回はどうなってるのかなー… と思ったら。
Press 〇 to Start 画面でしばらく待つと…

…な感じで御座いました。
え?よくわからない??… ご自分の目でご確認下さい。

テキストの改変ですが、直接表現が控えめになっているみたいですね。

オリジナルはこんな感じ… 「ひとり」だったり「自家発電」だったり…
ちょこちょこ背景も含めて、今風のが混ざってたり古いままの部分もあったり。

これは前からそうだった気もしますが「カラアゲ」が見当たらない!(笑)

これも前からだった気がしますが「破ったようなあとが…ある?」(汗)

カワイイ… のは置いておいて、
ちょっと気になったのは、死んじゃった後の「……。」に声当てがされてる事。
ぶっちゃけ、死んでるのになんか喋ってね…?(汗)みたいな。
これだけはちょっと修正してほしいなぁー。

ちなみに、管理人は折角なのでニコ生でブロードキャスト配信(ゲーム配信)を始めてやってみたんですが…
プロローグしかブロードキャスト配信できないんですね。それ以降の本編は画面のスクリーンショットすら撮れませんでした。
…そのうちアップデートか何かで解禁されるのかなぁ。 🙄

SegaSaturn版と総替えされた声優陣ですが、今のところ管理人が特に違和感を感じてるのは、主人公と龍蔵寺ですかね…
SS版は軽くおちゃらけた感じの喋りで、文章とマッチしていた(時々声変わりしたけど)んですが、リメイク版の主人公はテンション低め(ダルめ?)
絵里子先生もサバサバ感が減っていて、かつ話が重い・長いのでちょっと微妙な気がしました。
ここら辺は、ご新規さんだとどう見えるのか気になる所ではあります。 😀

あと、BGMの音量がクソでかいのは管理人宅だけ?
ボイス音量最大にしてもBGMが勝ってるから、少し下げてやっと良い感じに…

話は変わって管理人宅の、ONKYO TX-NR636ですが…

こんな感じでハイレゾ再生できました。(DLNAは未対応って怒られた…)
ハイレゾだからなのか、PCで聞いていたからなのか分かりませんが、色々と気付かなかった事に気付かされましたね…
まぁ、元々の作曲者の意図しない部分もあると思うので賛否両論かもしれませんが…



好評につき売切れです


この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 祝-発売!

やっとですね!
発表からはや2年… 延期に延期を重ねて、やっと本日発売になりました。
PS4, PS Vitaフルリメイク版『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』!
管理人のところにも無事に到着しましたので開封の儀をば…


パカっと開けると、インパクト大なJoshin特典の絵里子先生… 😯

こんな感じで3点が送られてきました。左から
「限定版 YU-NOパッケージ」「YU-NO20周年記念本」「Joshin特典ハンカチ」
…正直、ハンカチはどうしようか悩むレベルなのでどうでも良い(失礼)


限定パッケージの裏側はこんな感じです。
結構なサイズですね… 先日のNieR: AutomataのBlackBoxほどではありませんが…


ちなみにこのパッケージは… 脱げる素敵仕様になってます。
何故脱げるのかはよく分かりません(ぇ


パッケージを開けると飛び込んでくるのは攻略本です。
その下にゲームのパッケージと5枚組のDVDが入っています。

裏側はこんな感じ…

パッケージを開くとこんな感じでございます。
…うーん。かっこよく纏まってますねぇ。
しかし、限定版なんてものを買う人種は過去作品プレイ済みが大半なのでは… 攻略本って必要なのだろうか。うーむ… 🙄

ちなみに5枚組のDVDですが…

こんな補足のテキストが入ってました。
基本的にはデータ形式で5枚に渡って格納されている様ですね…


ハイレゾかぁ、うちの環境はどうなんだろうか?
…一応、ONKYO TX-NR636のウェブサイトを見るに Hi-Res AUDIOのロゴはありますね。
YU-NOのDVD裏面を見ると、96kHz/24bitと記載がありますので、これを当てはめると…
TX-NR636の場合、FLACは192kHz/24bitまで行ける様なので… 全然OKっぽいです。

再生方法ですが… BDレコーダに突っ込んでも、多分ダメだろうから(レコーダがデータ形式をサポートしていれば別だけど)
DLNAか、USBメモリにコピーしてTX-NR636に挿すか… でしょうかね。
収録するのも大変だったらしいですが、聞くのもそれなりに大変だぁ… 😎

2017/3/16 20:27追記
ちなみにDVDのデータを全部コピーしたところ、約23GBありました。
これは… デカイ。 😯

好評につき売切れです



好評につき売切れです


この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO マスターアップ!

先日、「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」公式ニコニコ生放送の第4回がありましたので、その内容をざっくり整理してみました。


『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO PS4/PS VITA版』(タイトル画面)

ちなみに、元々は「この世の果てで恋を唄う少女」がタイトルで、サブタイトルのYU-NOが独り歩きした結果。何故か逆転して現在に至ります…


序盤は3つのトピックについて、YU-NOがどんな作品なのかを説明する内容でした。
要約すると…

1、YU-NOの呪い
並列世界物として完成された作品だったため、後発で並列世界物を扱うゲームが必ずと言って良いほど比較されしまう程の作品。
2、人生を図略化した”A.D.M.S”
宝玉セーブについての説明。(後記)
【オリジナル版は分岐の位置が全くわからなかったと説明していましたが、実際には分岐に差し掛かると点滅して教えてくれる仕組みがありました】
3、一方通行ではない物語
おそらくADMSについて説明する部分だったのかと思いますが、分岐によってシナリオが枝分かれするという当たり前の内容がメインになってました。
選択肢をミスった世界から、予め使っておいた宝玉セーブで移動できる。失敗の先に得るものがある… と言うのがチラっと語られていました。


番組の後半では更に突っ込んだシステムやADMS回りの説明などがありましたので、番組での順序とは異なりますが管理人なりに解説してみようと思います…


メニュー画面です。

PC-9800版のメニュー画面がコレなので、こんな所までリスペクトしてるんですね…
電子マニュアルがメニューに統合されていて、サクッと参照できるのは良さそうです。


コンフィグでは、よくあるオートやスキップなどの設定の他に、過去の放送でも言っていましたし、TGSの試遊版でも機能はありましたが、ゲーム中のBGMを随時コンフィグから「アレンジ版」「オリジナル版」と切替ができます。

キャラクターボイスのON/OFFは当該キャラが登場するとコンフィグに項目が出現し切替できるようになる。
及びゲーム中に発生するミニゲームの答えがどうしてもわからない人向けに、回答と表示しちゃう機能が搭載されているそうです。
(そもそも解き方を知らなかったりすると、大変ですからね…アレは)

探索画面も綺麗な感じになってます。

特徴的な恰好をしていた主人公宅(部屋の内部構造と外観がどう考えても不一致)は、今風な感じにリフォーム…


調べられる所は虫眼鏡状のマーク、移動は歩いてるマーク、お喋りは… など分かり易く印がついていて探索が捗りそうです。
…ただ、マークが多く目障りの域なので、コンフィグで消せるのかが気になるところ…



「イベントCGを触れるの!?」なんて話もありましたが、考えてみると90年代のゲームだと割とよくあった機能ですが、最近のアドベンチャーゲームだとイベントCGに入ると一本道か、せいぜい選択肢が出る程度だから、逆に新鮮かも… なんてふと思いました。


アイテム選択画面はこんな感じで、オリジナルの様にスクロールする必要は無いみたいです。



”A.D.M.S”画面は、デフォルトの斜め表示の他にも、オリジナル同様に横表示にも変更できる様です。
ルートが色分けされており若干分かり易く(?)なってます。

ADMS表示自体は、よくあるアドベンチャーゲームのシナリオ分岐をフローチャート化したものと然して違いは無いので、初見の人がコレを見てもADMSの何がそんなに凄いの??…となるのが普通だと思います。

通常フローチャートはプレイヤーがいわゆる”神の視点”で参照するのが精々ですが、YU-NOの面白い所は、ゲーム中の主人公もそれを共有している所です。
そしてADMSマップ上に置いた宝玉セーブを駆使して、並行世界を行ったり来たり…

例えば、どうしてもアイテムが足りず行き詰ったら、宝玉セーブをして他のルートを進めてアイテムを手に入れ、宝玉セーブした個所に戻ってくる…
個別ルートに入ったらBAD END以外は一本というものが大多数のアドベンチャーゲームにおいて、ルート関係なく進んで・戻って・別のルートに行って… とシナリオとシステムが完全に融合しているのが、誕生20年経ってもADMSが評価される由縁かと思います。


PlayStation Vita版での解説もありました。
Vita TVでの動作にも対応しているとの事です。


マスターアップも無事に終わったそうで、後は発売を待つばかり… と言った状況だそうです。

仮のパッケージだそうですが、このパッケージのままだとすると、以前Vita版は2枚組になるかも… といった話もありましたが、1枚で事なきを得たようですね。


また、予約特典として、YU-NO 20周年記念で寄せられたイラストなどを本にしたものが店舗限定特典として、商品に追加されるようです。
限定版を購入すると、結構盛りだくさんな内容になりそうですね…

ちらっとアニメについての話があり、1クールで収まるわけないよ!
4クール? なんて話もあり、4クールは冗談にしても… 2クール以上は確実そうです。
2クールで現代編やって、異世界編は劇場版とか… ありそうでコワいわー。。。

好評につき売切れです

好評につき売切れです

好評につき売切れです


Next »