契約のないSH-03Gの電池交換を申し込んでみた その1

管理人のスマートフォンは、SHARP SH-03G(Docomo)ですが、SIMはBIC SIMなのでドコモとの直接契約はありません。
最近、スマホのバッテリーの調子がわるく… 40%台から突然0%になってシャットダウンが発生したり、体感で前より減りが早いなーと感じる様に。
これはこれはバッテリー交換するしかないかなーと思いましたが、最近のスマートフォンは電池を自分で交換できないものが多く、この機種もその1つ…
ここはドコモショップで交換をお願いするしかない!って事で交換をお願いしてきました。

交換を前に用意したのは今使ってるスマートフォンの代替機!

同世代に販売された「SHARP SH-04G(Docomo)」にしてみました。
これは、一部不具合ありのジャンク品を安くオークションで入手!
ドコモとの契約があればドコモショップで代替機を貸してくれますが、MVNOでは無理なのでこれは必須!(修理から帰ってくるまで使用不可でOKなら大丈夫ですが…)

ショップに持っていく前にデータのバックアップや移行も忘れずに行います。
おサイフケータイ(Felica)も忘れずに…


いざ!ドコモショップへ!!
受付のお姉さんに、契約がないことと電池交換希望であることを伝えます。

故障修理ではありませんが、個人情報保護云々の理由から初期化を要求されますので同意します。
正直どうかと思います… ただ、ロックや暗号化が掛かっていると動作確認もできませんからノーガードで引き渡す事になるので、初期化した方が安心できるのは間違いないでしょうけども)

現時点でのまとめ
・事前にしておくこと:スマートフォンのデータバックアップと代替機の用意
・用意するもの:スマートフォン本体(本人確認書類や身分証、必要書類等はない)
・スマホの状態:本体初期化、Felica初期化(受付時に初期化される)
・交換にかかる期間:2~3週間ほど(見積修理扱い)
ドコモリペアセンターで内部検査の後に修理見積、修理可否確認の後に修理
電池交換のみは不可、他に不具合があれば全部まとめての修理となる。
・交換にかかる費用:電池代(約6000円)~ 全交換(端末一括購入代金相当?)
何も問題が無ければ、電池代+防水パッキン代程度で済むと予想。
(画面割れや水没などあからさまに不具合がある端末は素直に新しいのを用意するのが良いと思われる)
・交換費用のお支払:修理後にドコモショップの窓口でお支払

窓口では、自分の氏名・住所・連絡先を記入します。
連絡先には、修理見積代金の連絡がくるので日中に取れる番号を記入するのが吉!

さぁーて、いつ帰ってくるかなぁ…
(と言いつつ、SH-04Gの代替機を触ってますが… あれ?、こっちの方がサクサク動く気が… きっと気のせいだな、うん。)

充電ができなくなった任天堂 3DSを修理!

管理人宅には、モデル違いも含めて4台 3DSがありますが、うち1台が致命的に充電が妖しい状態です。
ケーブルの角度によって充電したりしなかったり… 充電LEDがチカチカしててバッテリーにもよくなさそう…
ってな訳で修理することに…


『任天堂 3DS (初期型)』

3DSって結構前に出て、もう世間はnew 3DS(2DS)だと言うのに中古でも結構値が張るんですよねぇ…
電源コネクタを覗いてみた時に、黒い仕切りのプラスチックが変形してたり、端子部分の露出が少ないようなら、コネクタ自体の問題。
コネクタ自体に問題が無さそうであれば、半田クラックが故障の原因としては考えられます。


交換用の電源コネクタ
密林で送料込みで驚きの「31円」でした。
到着まで1ケ月くらいを覚悟していたら、数日後にあっさり到着… 😯


電源コネクタの交換はカバーを外すだけで簡単にアクセスできます。
何個もフレキを外したり基板をひっくり返したりしなくて良いので、結構簡単な部類に入るかと…

ちなみに、管理人が今回修理した3DSは半田クラックが原因でした。
電源コネクタから伸びる足が完全に基板から離れてしまっており、ケーブルの角度によっては接触するため充電できる… と言うような状況。
交換後は、もうこれでもかっていう位に安定して動作しております… 😛


好評につき売切れです


マシントラブル発生!

ちょっと前に、BIOS書き直しで復旧させたジャンク品のM/Bで再構成した親用PCですが、このところ電源が入ったり入らなかったり…
症状は、電源を入れるとリセット動作を繰り返す… と言うもの。
最初のうちは、電源ケーブルを抜いてちょっと置いて電源を入れると動いたため「電源が原因かなぁ」と当たりを付けて騙し騙し使っていたのですが、ここ最近は全くダメになってしまった様なので、電源を買ってきました。


『SILVERSTONE社製 SST-ST50F-ESB 500W』

問題のPCの電源を新しいものと交換し電源を入れると… あれ、起動しない…
メモリも正常なPCと交換してみましたがダメ… 最小構成でもダメ… となると、問題なのはCPUマザーボードの2択。


って事で、オークションで同型番のマザーボードを入手して交換したところ、普通に起動してきてくれたので一安心…
ついでに光らなくなってしまった電源LEDも正常品と交換。これでしばらくは大丈夫でしょう…
ちなみに、心配していたWindows10のライセンス認証ですが… 特に何をするでもなく、交換後普通に「Windowsはライセンス認証されています。」となりました。
恐らくは、MSアカウントで利用していたため…だと思います。構成がガラっと変わる様な場合はよくわかりませんが、少なくとも同一型番のマザーボード交換ではライセンス認証が外れる事はない様です。

…で、買わなくてもよかった電源はどうするか… 😛

自分が使っているキューブ型の作業用PCの電源を交換することに…
ヘタすると10年くらい流用に流用を重ねてきた電源(剛力Plug-in)ですが、最近PCの操作に合わせて電源がキュルキュル音を出しているのが聞こえるので、もう寿命だろうなぁ… ってな具合です。


交換元のSCYTHE GOURIKI-P-550A 550W… かなり年季入ってます。

交換後のSST-ST50F-ESBが、Active PFCのため現在接続されている矩形波のUPSで動作するか心配でしたが、UPSバックアップ時に電源からコイル鳴きの様な異音はするものの、動作には問題なさそうでちょっと安心しました。 😎



好評につき売切れです

好評につき売切れです

2017年の家庭菜園 その1

実はここ1、2ヶ月ほど前から畑に設置した監視カメラからの反応が無くなりちょっと困っていました。
…とは言ったものの、時期的に忙しくて植え付けの時期を逃したこともあり、畑にはほとんど何も植えてない状態だったため、しばらく放置していました。
(どうせまたモバイルルータがハングアップでもしてるんだろう…と)


久しぶりに畑に行ってみてみると… あれ、ルータは生きてるなぁ… でもLANのリンクが落ちてるゾ?
でも監視カメラ自体は無線LANにも対応していて、有線がダメなら無線でリンクするはずだから…
もしや監視カメラ壊れてる
…ソーラーチャージコントローラが壊れている可能性もあるので、センサーライトの明るさセンサー部分を手で覆ってみると…電気付いた!
監視カメラを再起動してみるも、ピクリとも動かないって事で、壊れてること確定。
取り外してもって帰ることに…


太陽光発電設備は健在。さすがにもう電気さくは必要ないだろうから、電源をOFFにしておきましょう…


監視カメラを自宅で分解してみると… あれ、なんかプラプラしてる配線が何本かあるゾ?
…どうも、強風のせいか経年劣化のせいかわかりませんが、監視カメラから伸びるケーブルを外部から引っ張ったせいで、内部の配線が引っ張られでブッチギレた模様… つなぎなおしてみたところ… 動いた!


こんな感じで再度設置。またまた監視できるぞー!

« Prev - Next »