録画PCもといリビングESXは、現在OS上のミラーで構成していますが、そのうちまたH/W 基盤(初期に使ってたヤツ)に戻そうかな… なんて考えていたりします。

…で、前々から問題だとは思っていたんですがどうしようもなかったのが…
「HDD壊れたときってどうやって気づくねん問題」です。 🙄
リビングESXには3.5インチベイはシャドウベイしかないため、外からはHDDの動作状況が全然わかりません。
…なので、極端な話… 壊れていたとしても気づきません。
それでは意味が無いよね… ってことで改造してみました!


『iCY DOCK FlexiDOCK MB522SP-B』

3.5インチベイに2.5インチHDD/SSDを2台収納でき、イジェクトボタン兼アクセスLEDでディスクの稼動状況が確認できるヤツです! 😛


箱を開けるとこんな感じ…

背面はこんな感じで、めちゃくちゃシンプル…

前面はこんな感じになってます。
これに適当なHDDを挿入してみると…

こんな感じでイジェクトボタンが飛び出します。
この2.5インチHDD/SSDスロットにはロック(飛び出し防止)機構はありませんが、上から強力な板バネで押さえつけられているので、そう簡単には抜けそうに無いです。(むしろ硬いくらい)


これをリビングESXのこの3.5インチシャドウベイに取り付けます。

ねじ穴の位置が合わなかったのでドリルで穴あけ改造…

5mmの穴をケース横に開けて…
そこに適当な長さにカットした5mmのアクリルパイプを通せば…

アクセスLEDの完成!
これでディスクの動きがおかしかったら簡単に確認できますね!! 😀

余談ですが、FlexiDOCKの固定用ネジの穴が、インチネジじゃなくてミリネジだったのでこれ要注意…



好評につき売切れです