娯楽

東芝 石窯ドーム過熱水蒸気型オーブンレンジを買う

ことの始まりは、夜に何となくTVを付けていた時にやっていた「ジャパネットた〇た」で東芝のオーブンレンジを紹介していたため…
家にあった三菱製のオーブンレンジもかなり古くなっていたので、新しいのがいいなぁ… と考えていた矢先だったのでちょっと調べてみた。

ジャパネットの商品は旧機種をベースに一部を改良したものらしく、旧機種を密林で検索すると大体3万円後半。
ただ、改良点が購入後のメンテナンスに関わる部分だったのと、オマケもあったので、ジャパネットの約4.5万円でもいいかなぁ… なんて悩んでいたら。
そのベースとなっている旧機種の上位モデルが約4.5万円… の5000円割引で買える事がわかったので即決!(ジャパネットモデルの改良点込み+高機能)


『東芝 石窯ドーム 過熱水蒸気オーブンレンジ ER-PD3000』

生産終了ギリギリだったので、今買うとすると後継機種のER-RD3000になるのかな?
ノンオイルフライヤーにも使えるので今後に期待!  😀 


背面はこんな感じ… 背面と左右は隙間を開ける必要はないらしいのだが、上部は10cm開けないとダメだそう。

置いてみた。

中に鉄板2枚と焼き網、取扱説明書が入ってました。

こんな感じ… 前のオーブンレンジでは殆どオートメニューを使わなかったので今回は活用してみようかなぁ。  🙄

庫内はこんな感じです。

天板もこんな感じ… 上も下もフラットになってます。

試しに鉄板を置いてみました。
一応、2段調理ができるらしいですが、活用できるだろうか…  😎

本体下部には、スチーム利用時のための水入れと水受けがあります。

パッと見は何を押したらいいやら悩みましたが、普通のオーブンレンジとして使う分には、「3つの解凍」「レンジお好み温度」「オーブン発酵グリル」だけで、解凍・温めは出来るかと…

この棚ですが、このオーブンレンジを設置するにあたって上部10cm確保できなかったので、DIYで棚を伸ばし… 伸ばしついでに白ペンキで塗り替えてみました。
上部には、オーブンレンジからの熱を遮断するためにコルクボードを貼っています。

外面は下地補修をしているので綺麗ですが、内側は手抜きをしたのでつなぎ目が丸わかり… いいじゃん、だって内側だもん!  😛
ペンキだけだと不安だったので、ちゃんとニスを塗って仕上げてま~す!!

好評につき売切れです

好評につき売切れです


2018年の家庭菜園 その3

週末は畑にいってきましたよ!

『北海道産種イモ メークイン 3kg』

値下げされてたので買ってきました。適当に穴掘って埋めます(ぉぃ
ちゃんと売ってる種イモで作るのは実は初めてだったり…


あぁ、夕日が眩しいゼ……


なんだかわからない食材も元気に成長中!
虫食いが酷いので、農薬をもってくるはずだったんですが… 玄関に忘れてくると言う痛恨のミス。


じゃがいもはこんな感じ… 一応、連作障害と害虫が心配だったので、位置を少し変えてみました。


左に人参、右に大根のタネを蒔いてきました。
この2つの野菜は近くに植えた方が虫食いが抑えられるそうですよ!
(知らずに毎年普通に並べて植えてましたが)

帰り際に電気さくの電源をONにして帰宅… ボチボチ3月も終わりですね。
4月に蒔き時の野菜は何かな?

ゼロリー飲料じゃないけど飲んでみた: 焼きいもだより

コーラでも炭酸でもないのですが、とっても飲んでみたくなった飲み物…

『ハウス食品 焼きいもだより -季節感じる、やさしい甘み-』

はい、自動販売機で異色を放っていたこの飲み物の誘惑に勝てなかった…
飲んでみた結果… なぜコレをチョイスしたのか激しく後悔。

焦げを再現したと思しきキツイ香料…
やさしいどころかゲロ甘な飲み心地。

気分を変えたいときに最適でオススメな1本です♪

★☆☆☆☆(星1つ)出直しましょう

PlayStation4Pro を2TBのSSHDに換装してみた!

管理人のPlayStation4は、Proで標準1TBのHDDを搭載していますが、フリープレイやダウンロードソフトなどなどが増えに増えて、最近では体験版のダウンロードや新作ゲームのディスクを挿入する度に、何かのゲームやアリプを削除しないといけないほど容量がひっ迫してきてしまいました…
仕方がないので、ここは2TBのHDDに換装してみよう!


取り出したのはBuffaloのUSB3.0外付けHDD 1TBです。(SONY 4Kハンディカムを買った際にオマケで付いてきたもの)
コイツをPS4Proに接続しておきます… また、トロフィーは事前に同期しておきましょう。


メニュー画面から「設定」を選び…

「システム」を選び…

「バックアップ/復元」を選択します。

「PS4をバックアップする」を選ぶと…

どのUSBストレージにバックアップするかを聞いてきますので、さきほど接続したHDDを選択…

バックアップしたいデータを選択して次へ…(通常は全選択で良いと思う)

「バックアップする」をポチり!

すると… PS4Proが勝手に再起動してバックアップが始まります。
この間にシステムソフトウェア再インストール用のUSBメモリを作成しておきましょう!  🙂

PlayStation4 システムソフトウェアアップデート

アップデートファイルは、「通常アップデート用」ではなく『再インストール用』をダウンロードしないといけませんので、要注意!!

アップデートファイルは、900MB以上あるため、1GB以上の容量があるUSBメモリが必要です。
FATまたはexFATしか読み込めないので、こちらも注意してください。
…あとは、Webサイトに記載がある様に「PS4 – UPDATE」とフォルダを2階層作成した中に、ダウンロードしたファイルをファイル名を変更せずにそのまま配置してください。


バックアップが完了するとこんな感じの表示になります。

PS4Proの電源を「完全にオフ」にしたらケーブルを取り外していよいよ換装です!

PS4ProのHDDは、正面から見ると左下奥にあります。上の写真の場合は上下をひっくり返して背面からのアングルのため、左上手前の部分(管理人のPS4Proには青いシールが貼ってありました)です。

HDDを隠しているプラスチックのパーツを取り外します… これが結構難易度が高く、外すのに難儀しました。

取り外した標準搭載の1TB HDD…

『Seagate FireCuda 2TB SSHD (8GB SSDキャッシュ)』

SSHDとは、HDDとSSDのハイブリットモデルで、繰り返し使うデータなどをSSDに配置することでHDDの大容量とSSDの高速アクセスを叶えてくれる良いヤツです。
SSDは2TBだと3万円以上しますが、HDDとSSHDはそこまで価格差がないのでオススメです。

HDD/SSHD/SSDとの比較は前例が沢山あるので以下のサイトをご覧あれ…
PS4ちゃんねる Pro – HDD/SSHD/SSDのロード時間測定


左が標準搭載のHDD、右が今回換装するSSHD

裏はこんな感じ…

今回換装に使用したSSHDは7mm厚なので、標準搭載の9.5mm厚とは厚さが多少異なります。

元あった通りにSSHDをセットしたら物理的な換装は終了!!

ケーブルを元通り繋ぎ直したら、先ほど用意したUSBメモリを接続して電源ボタンを7秒長押しして電源を入れます。
「7.PS4を初期化する(システムソフトウェアを再インストールする)」を選択。

USBメモリが繋がっていることを確認して「OK」

データなんて入ってないので「はい」
…そんなに掛からずに綺麗なPS4Proで起動してきます。

データを復元するので、初期設定は適当に済ませてOK。
「設定」>「システム」>「バックアップ/復元」と辿って…

「PS4を復元する」を選択…

バックアップを取得した外付けHDDを選択して…

復元するバックアップデータを選択。

「復元する」をポチり!

念押しで確認されるので「はい」

復元が開始されます。気長に待ちましょう…


復元が終わって起動してくると、見慣れたログイン画面…

ダウンロードソフトなどは「鍵マーク」が付いている(PSN自動サインインが解除されている)ので、サインインしましょう。

「設定」を開いて…

「アカウント管理」を開いて…

「サインイン」をポチり!

サインインIDは最初から入っているので、パスワードを入力して「サインイン」を押せばOK!

ちょっと待つと「鍵マーク」が外れます。
とりあえずこれでSSHDへの換装は完了!!  😀

好評につき売切れです



« Prev - Next »