娯楽

飲んでみた: ペプシ スペシャル ゼロ

これって前からありましたっけ?
なんか特保でスペシャルなペプシがあったのでとりあえずGET… 🙂


『ペプシスペシャル ゼロ』

ペプシお得意のふざけた感じ(きゅうり味とかスイカ味みたいな)は一切ありません。
ごく普通のコーラですね… 😉

★★★★☆(星4つ)

もっと甘くなくていいんだけどなぁ…




洗濯機用水栓をDIYで移設しよう! その3

洗濯機用の蛇口の移動ですが… 残すは壁の修復のみ!
さっそく壁紙が届いたのでレッツトライ!!  😉 


壁紙と壁紙用の糊とハケを用意してみました。
壁紙は元々のデザインが良く分からないので、それっぽいヤツをチョイス。


この状態だった壁に、壁用のパテで穴を埋めて下地調整…
こんな感じで良く分からくなった所をヤスリ掛け…

はい、こうなりました。  😀 
あとはここに壁紙を貼れば…

完成!  😮 
…ちょっと日焼けのせいで壁紙の切れ目がわかっちゃいますが仕方ない。

これでいつ新しい洗濯機が来ても大丈夫だぞー!!  😛

洗濯機用水栓をDIYで移設しよう! その2

洗濯機用水栓の移動に必要となる基本的なパーツが到着したので早速トライしてみました!


まずは水道の元栓を閉めます…
手近な水道を開栓して水が止まっている事を確認します。 🙂

この蛇口を移動します。  😎
大き目のプライヤーで挟んで反時計方向に回せば取り外せます…

こんな感じになりました。
あとはうっすら赤いペンで下書きしてある線に沿って石膏ボードをカット!  :mrgreen:

はい、こんな感じになっていました。
コンセント下の板をカットして、水道パイプの位置を変更します。
『タブチ社製 水栓コンセント フラットシリーズ 』

洗濯機用のあの蛇口が壁に埋まって、ほぼフラットになっちゃう優れもの!
これなら限られたスペースを有効活用できるはず!!

結果、こんな感じになりました。
(水栓コンセントを取り付けるにあたって周りの木を少し補強しました)
水道の元栓を開栓してしばらく様子を見て水漏れが無いことを確認!  😀

石膏ボードを水栓コンセントの部分だけカットして元に戻せば、洗濯機用水栓の移動はほぼ完了です!
次回は、壁紙が到着したら壁の補修をやっていきたいと思います…  😛

洗濯機用水栓をDIYで移設しよう! その1

我が家の洗濯機ももう10年モノで、フタが割れたり色々と問題があるんですが、折角新しいのを買うならドラム式の洗剤自動投入がいいな… 何て思ってみたものの。
難題がいくつかある事が判明してしまい買い替えできずに悩み中です。  🙄

  • 問題1:搬入経路に幅60cm確保できない部分がある
  • 問題2:洗濯機用水栓の位置が低すぎる

問題1は最悪は、浴室の窓から搬入できれば入れられない事はないのですが… (70kgの物が可能なのかは難しい所だけど)
問題2は、管理人宅は防水パンが無いので洗濯機の足をかさ上げしないと排水パイプが通せません… が、かさ上げすると洗濯機用水栓にぶつかってしまい物理的に無理…


と言う事で、今回は洗濯機用水栓をDIYで移設してみたいと思います!

写真右上のコンセントの下辺りに移せれば、最悪は洗濯機を少し前に引き出せばどんな高さのものでも大丈夫になるはず!!
とりあえず脚立を使って浴室の点検口からのぞき込み、スマホカメラと懐中電灯を駆使して構造を調べてみました。

茶色が木材で白色がコンセント、青色が水道管です。
水道管はいわゆる塩ビパイプや鉄製のものではなく、取り回し自由なものが使われている様なので、固定しているパーツを取り外せば多少は移動できそうな事が判明…  😛


とりあえず、赤枠の部分の石膏ボードを切り取って…
こんな感じにできればいいかな… と。
ちなみに、赤茶色の部分が新しく設置するパーツになります。

パイプは図では斜め直線に走ってますが、断熱材付きのフレキパイプで無理がない様に配管できる想定です。
また、下に横向きの木材を追加していますが、これは石膏ボードを元に戻す際に固定するところが無いため。

パーツは既に注文したのであとは到着を待つばかり…  😎

« Prev - Next »