デジタル

PCVRのVive Cosmosを買ったよ! その2

最近Cosmos Eliteと言う、外部トラッキング対応のモデルがリリースされました。
管理人のCosmosからは「外部トラッキングMOD」と言うHMD前面のフェイスプレートを対応品に交換すれば変化できます(5月15日発売)
※フェイスプレートの他に外部トラッキングの為のベースステーションと対応コントローラが必要

管理人は、ベースステーションとコントローラは準備済みなので、あとはフェイスプレートが到着すればほぼCosmos Eliteですね! 😆

…目途が立つと色々やりたくなるものですよね。

「VIVE Tracker」

HMDと両手のコントローラはVRでトラッキングできているので、特殊なコントローラ(ラケット等)や足・腰などをトラッキングするためのオプション製品です。


「小型のモバイルバッテリー」

トラッカーは充電式なので単品でもある程度は持ちますが、心配なので増設します!

合体!

全身フルトラマン!! 🤖

…と、ここまで揃えると今度は、フェイスプレートの到着を待たずして使いたくなってくるのが人間のサガと言うものです。
結論を言うとできます。 基本的にはOculus + Vive Trackerと同じ方法でOKです。

以下のページを参考に…
第15回 腰と足を手に入れろ!~oculus riftフルトラッキング VIVEトラッカー使用編~
※ 注意点としては、クイックキャリブレーションは不要です。

うまくいけば

こんな感じで、Cosmosのコントローラとトラッカーが同居できます。
(真ん中のはベースステーション)

ちなみに、調整した位置から移動するとだんだんズレていきますので、狭い範囲での利用がオススメです。😀

MSA2000 ディスク交換

先日MSA2000のディスク障害の記事を書きましたが、リビルド中に他のディスクが死亡したのもあって、交換用のHDDを手配しようにも、他にも壊れているHDDがあるかもしれない… という状態のため…
SATA HDDだけで構成しているLUNや確実に生きているHDDだけにちょろちょろとデータを退避して、その他のディスクでRAID構成したりして壊れてるHDDを何とか特定。


結局のところ、4本死んでました。😨


入手したHDDに交換してテスト…


あれれ、1本だけ不良品… また交換に行かないと… 😖

インターネットをDS-Lite対応にしてました!

最近混雑時間帯になると下りが10Mbpsくらいになってしまうし、回線料金でそれなりの金額払ってもいるので、これはもう限界かな… ってことで、DS-Lite対応にしてみました! 😛

プロバイダーはお世話になっているインターリンク!
ネットお申込みで3分開通(ZOOT NEXT/月額990)のめちゃ早で2か月無料、料金もお安いプロバイダーです。
DS-Liteは対応ルータを用意する必要があるので、ポチり…
DS-Lite対応のプランはZOOT NATIVE(月額1100)お申し込み1時間開通!(フレッツのお客様IDとアクセスキーが必要)

DS-Liteは残念ながらIPv4はグローバルIPではないので、うちのネット環境をそのまま移行するためにはZOOT NEXTとZOOT NATIVEのダブルセッションにする必要がありますが、問題なくサポートもされている様なので安心。


って事でこんな感じになりました。 😀 
一番下がNTT貸与品のONU一体型ルータ。その上にDS-Lite用ルータ、一番上が通常のPPPoE用ルータ!
PPPoE用はIPv6を無効にしておき、IPv4はダブルゲートウェイでDHCPサーバではDS-Liteを見る様に…
外部アクセスが必要なものは手動設定でPPPoEルータを見る様に設定して移行完了!

何度か接続テストしてみましたが、IPv4だと回線理論値、IPv6だと理論値超えることもありめっちゃ早いですね!
ってな訳で、インターネットが遅くて悩んでいる方の参考になれば!!

MSA2000のディスクが死亡…

MSA2000は実家に置いてあるんですが、ディスクが1本死んでたので
色々弄っていたらこんな状態に… 😆


ディスク2本死んだ…

2本目のLEDが点灯するとMSAが無応答になるんですが、そのタイミングで電源を切って入れ直すと復活します。
なので、リビルド動作などが起きない様にペアのディスクを引っこ抜いておくと、とりあえずMSAは起動はできました。

あとは必要データを退避させてひとまず終了…
他にも死んでる可能性のあるディスクもあるかもしれないし、、、どうしようかなぁ。。。 🙄

« Prev - Next »