リビングESXのHDDのH/W RAID1化に再チャレンジ! その2

さてさて、H/W的には新しいSSHDを仮置きして使える様になりましたので、今度はソフトウェア的にデータを移したりなんなりの作業を実施します…  😀

とりあえず録画PCのWindows仮想マシンについては、SSHD上に新しく仮想ディスクを作成してそれをアサイン。
Windows上で普通にデータコピーで終了… 試しにベンチマークを取ってみたところこんな感じに…


CystalDiskMark 1GBデータでのベンチマーク結果

CrystalDiskMask 100MBデータでのベンチマーク結果

何が理由か分かりませんが、データサイズによってシーケンシャルとランダムが逆転してますね…
SSHDに搭載しているSSDの容量的には8GBもあるハズなので、どちらでもSSDに収まるサイズではあるハズなんですが… 謎です。
・・・いずれにしても、OS上からのベンチマーク的にはそんなに悪い数値では無さそうです。

続いて光輪サーバーであるLinuxですが、思ったより苦労しました(爆)
2つのデータストア上の仮想ディスクを跨いてLVMミラーを構成していたので、片方の仮想ディスクをSSHD上にコピーし、もう片方は構成解除すればとりあえずは起動するんじゃないかと軽く考えていたんですが… ダメでした。

まずOS起動途中にコケます。
コマンドプロンプトが表示され、rootのパスワードでログインして問題を修正する様に促されるのでrootでログインします。

[root@Linux ~]# vgdisplay -v
WARNING: Device for PV TB8AGg-685e-d3Mk-CJwe-bxpv-axNr-317b3D not found or rejected by a filter.
Couldn't find device with uuid TB8AGg-685e-d3Mk-CJwe-bxpv-axNr-317b3D.
There are 1 physical volumes missing. ← ディスクが無いよと怒られる
--- Volume group ---
VG Name vg01
System ID 
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 18
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 4
Open LV 4
Max PV 0
Cur PV 2
Act PV 1
VG Size 599.99 GiB
PE Size 4.00 MiB
Total PE 153598
Alloc PE / Size 151560 / 592.03 GiB
Free PE / Size 2038 / 7.96 GiB
VG UUID z1jfRV-0Udm-N1l0-aGrS-4DQc-0LPY-qLcMjF

※以下Lvolの情報が続く... LV Statusが"available"になっていないLV Nameを確認

[root@Linux ~]# lvchange -a y /dev/vg01/lvol1 ← 上で確認したLVを有効にする
[root@Linux ~]# lvchange -a y /dev/vg01/lvol2 ← 上で確認したLVを有効にする
[root@Linux ~]# lvchange -a y /dev/vg01/lvol3 ← 上で確認したLVを有効にする
[root@Linux ~]# lvchange -a y /dev/vg01/lvol4 ← 上で確認したLVを有効にする
※この状態で "exit" すると取り合ずOSが起動します。

[root@Linux ~]# vgreduce --removemissing --force /dev/vg01 ← 不良のディスクを強制的に構成解除
[root@Linux ~]# vgdisplay -v /dev/vg01
 --- Volume group ---
VG Name vg01
System ID 
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 24
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 4
Open LV 4
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size <300.00 GiB
PE Size 4.00 MiB
Total PE 76799
Alloc PE / Size 75780 / <296.02 GiB
Free PE / Size 1019 / 3.98 GiB
VG UUID z1jfRV-0Udm-N1l0-aGrS-4DQc-0LPY-qLcMjF

--- Logical volume ---
LV Path /dev/vg01/lvol1
LV Name lvol1
VG Name vg01
LV UUID EdDh6y-nDjt-Zz0u-VPuu-fryd-13mp-4HcISN
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:22:34 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 240.00 GiB
Current LE 61440
Mirrored volumes 2
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:6

--- Logical volume ---
LV Path /dev/vg01/lvol2
LV Name lvol2
VG Name vg01
LV UUID giid1H-2fG6-tGCe-SCMU-uacE-GBQN-FJcQ8f
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:23:03 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 1.00 GiB
Current LE 256
Mirrored volumes 2
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:13

--- Logical volume ---
LV Path /dev/vg01/lvol3
LV Name lvol3
VG Name vg01
LV UUID 0kbxjB-QPos-CvXc-XVAa-3B7I-kw2C-rQEBOc
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:23:11 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 25.00 GiB
Current LE 6400
Mirrored volumes 2
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:20

--- Logical volume ---
LV Path /dev/vg01/lvol4
LV Name lvol4
VG Name vg01
LV UUID v5QReG-S79l-B2UY-l9Vi-qzJ8-h9Hc-DPb5cc
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:23:20 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 30.00 GiB
Current LE 7680
Mirrored volumes 2
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:27

--- Physical volumes --- ← 構成されているディスクが1本になっている
PV Name /dev/sdb 
PV UUID zBeoFk-K6dd-O72O-oSlh-AlHt-4K1j-XEQyoa
PV Status allocatable
Total PE / Free PE 76799 / 1019

[root@Linux ~]# lvconvert -m 0 /dev/vg01/lvol1 ← ミラーの構成を解除
Are you sure you want to convert raid1 LV vg01/lvol1 to type linear losing all resilience? [y/n]: y
Logical volume vg01/lvol1 successfully converted.
[root@Linux ~]# lvconvert -m 0 /dev/vg01/lvol2 ← ミラーの構成を解除
Are you sure you want to convert raid1 LV vg01/lvol2 to type linear losing all resilience? [y/n]: y
Logical volume vg01/lvol2 successfully converted.
[root@Linux ~]# lvconvert -m 0 /dev/vg01/lvol3 ← ミラーの構成を解除
Are you sure you want to convert raid1 LV vg01/lvol3 to type linear losing all resilience? [y/n]: y
Logical volume vg01/lvol3 successfully converted.
[root@Linux ~]# lvconvert -m 0 /dev/vg01/lvol4 ← ミラーの構成を解除
Are you sure you want to convert raid1 LV vg01/lvol4 to type linear losing all resilience? [y/n]: y
Logical volume vg01/lvol4 successfully converted.
[root@Linux ~]# 
[root@Linux ~]# vgdisplay -v vg01
--- Volume group ---
VG Name vg01
System ID 
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 32
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 4
Open LV 4
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size <300.00 GiB
PE Size 4.00 MiB
Total PE 76799
Alloc PE / Size 75776 / 296.00 GiB
Free PE / Size 1023 / <4.00 GiB
VG UUID z1jfRV-0Udm-N1l0-aGrS-4DQc-0LPY-qLcMjF

--- Logical volume --- ← "Mirrored volumes" の表示がなくなっている
LV Path /dev/vg01/lvol1
LV Name lvol1
VG Name vg01
LV UUID EdDh6y-nDjt-Zz0u-VPuu-fryd-13mp-4HcISN
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:22:34 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 240.00 GiB
Current LE 61440
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:6

--- Logical volume --- ← "Mirrored volumes" の表示がなくなっている
LV Path /dev/vg01/lvol2
LV Name lvol2
VG Name vg01
LV UUID giid1H-2fG6-tGCe-SCMU-uacE-GBQN-FJcQ8f
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:23:03 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 1.00 GiB
Current LE 256
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:13

--- Logical volume --- ← "Mirrored volumes" の表示がなくなっている
LV Path /dev/vg01/lvol3
LV Name lvol3
VG Name vg01
LV UUID 0kbxjB-QPos-CvXc-XVAa-3B7I-kw2C-rQEBOc
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:23:11 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 25.00 GiB
Current LE 6400
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:20

--- Logical volume --- ← "Mirrored volumes" の表示がなくなっている
LV Path /dev/vg01/lvol4
LV Name lvol4
VG Name vg01
LV UUID v5QReG-S79l-B2UY-l9Vi-qzJ8-h9Hc-DPb5cc
LV Write Access read/write
LV Creation host, time Linux.kourin.org, 2018-05-05 01:23:20 +0900
LV Status available
# open 1
LV Size 30.00 GiB
Current LE 7680
Segments 1
Allocation inherit
Read ahead sectors auto
- currently set to 8192
Block device 253:27

--- Physical volumes ---
PV Name /dev/sdb 
PV UUID zBeoFk-K6dd-O72O-oSlh-AlHt-4K1j-XEQyoa
PV Status allocatable
Total PE / Free PE 76799 / 1023
[root@Linux ~]# 
[root@Linux ~]# lvs
LV VG Attr LSize Pool Origin Data% Meta% Move Log Cpy%Sync Convert ← ミラーの構成が表示されない
lvol1 vg01 -wi-ao---- 240.00g 
lvol2 vg01 -wi-ao---- 1.00g 
lvol3 vg01 -wi-ao---- 25.00g 
lvol4 vg01 -wi-ao---- 30.00g

…と、こんな感じでやっとこ構成解除できました。  😆
LVMミラーが稼動中に壊れた場合の構成解除方法は探せば出てきたんですが、DISKを認識してない状態からの復旧方法はなかなか見つからなかったので残しておきます…


とりあえずこんな感じになりました。
HDD_datastoreが、新しく接続したSSHDのデータストアになります。
少しの間この状態で稼働させて問題ないか確認…  😎

リビングESXのHDDのH/W RAID1化に再チャレンジ!

過去にはH/W RAID基板によって冗長化を構成していたことも有りましたが、現在のリビングESXのデータ用HDDは、OS上の機能でソフトウェア的にRAIDを構成しています。
これを昔の形に戻そうかなぁ… と言うのが今回のチャレンジです!  😛

H/W RAID基板をやめた理由は、速度が遅すぎる… に尽きます。
でも基板自体はSATA3に対応しておりそれなりの速度は出るハズ。
HDDが原因で遅いのであれば、SSHDならどうだろう?  🙄
って事で、データ用1TB HDDを2TB SSHDに交換してH/W RAID1化してみます!!


左から「mSATA to SATA 3.0 変換基板」「Seagate FireCuda 2.5インチ 2TB SSHD」「Bplus Technology PM1092R」

PM1092Rは過去のH/W RAID化に使ったものです。
(その後交換した方のヤツではなく、あくまで最初に使ったヤツです)


mSATA to SATA 3.0 変換基板はぱっと見SSDの様ですが、パカっと開けると変換基板が入ってます。
mSATAのSSDをSATAのSSDとして使うための製品ですね。
過去のH/W RAID化の際は変換基板の選択をミスったせいで余計に変換を挟んでいたので、今回はちゃんと1回で変換が済むものに変更…  😀


仮置きしてみるとこんな感じに…

とりあえずデータストアとは関係ないISOやバックアップなどを移行してみました。
うーん…とりあえずは動作してそう。。。  🙄
(まだ同期中なので本領発揮はまた後日…)




録画PCもといリビングESXのデータを保護する!

録画PCもといリビングESXは、現在OS上のミラーで構成していますが、そのうちまたH/W 基盤(初期に使ってたヤツ)に戻そうかな… なんて考えていたりします。

…で、前々から問題だとは思っていたんですがどうしようもなかったのが…
「HDD壊れたときってどうやって気づくねん問題」です。 🙄
リビングESXには3.5インチベイはシャドウベイしかないため、外からはHDDの動作状況が全然わかりません。
…なので、極端な話… 壊れていたとしても気づきません。
それでは意味が無いよね… ってことで改造してみました!


『iCY DOCK FlexiDOCK MB522SP-B』

3.5インチベイに2.5インチHDD/SSDを2台収納でき、イジェクトボタン兼アクセスLEDでディスクの稼動状況が確認できるヤツです! 😛


箱を開けるとこんな感じ…

背面はこんな感じで、めちゃくちゃシンプル…

前面はこんな感じになってます。
これに適当なHDDを挿入してみると…

こんな感じでイジェクトボタンが飛び出します。
この2.5インチHDD/SSDスロットにはロック(飛び出し防止)機構はありませんが、上から強力な板バネで押さえつけられているので、そう簡単には抜けそうに無いです。(むしろ硬いくらい)


これをリビングESXのこの3.5インチシャドウベイに取り付けます。

ねじ穴の位置が合わなかったのでドリルで穴あけ改造…

5mmの穴をケース横に開けて…
そこに適当な長さにカットした5mmのアクリルパイプを通せば…

アクセスLEDの完成!
これでディスクの動きがおかしかったら簡単に確認できますね!! 😀

余談ですが、FlexiDOCKの固定用ネジの穴が、インチネジじゃなくてミリネジだったのでこれ要注意…




DELL Inspiron 1370をSSDに換装してみた!

去年の年末に秋葉原で購入したDELL Inspiron 1370ですが、通常使いには申し分ないのですが、ひとたびWindowsUpdateなどが動き出すと途端に重くなります。
もちろんCPUが遅いせいもあるんですが、HDDが2.5インチのSATA 160GBなのでコレが一番の原因かなぁ… と。
家に、HP 2740pの標準搭載から大容量の換装して遊んでる160GBのSSDがあるのでコレと交換できればいいのですが、このSSD… 1.8インチのMicroSATAなので変換アダプタを介すると長さが2.5インチHDDを超えてしまい搭載不可能でした…が、


『砧(きぬた) MicroSATA形状のドライブをS-ATA形状に変換基板』

密林などに売っている変換より長さが短い変換基板を発見!コレならいけるのでは!?


「Intel X18-M G2 160GB MicroSATA SSD / HP OEM」

変換基板を装着すると、大体同じサイズになりました!
ゴムカバーを取り外せばぴったり収まりそうです。


DELL Inspiron 1370を分解します。  😉

ここまでくれば、後はドライブを差し換えるだけ!  😛

特に固定されているわけではないので、横に引っ張ればサクっと取り外しできます。

ドライブは、ウエスタンデジタルのScorpio Blue 5400回転 160GBでした。
…元通り組み直したら、あとは事前に取得しておいたバックアップからリストアすれば完了!

ちなみに、ベンチマークはこんな感じです。

換装前「WD Scorpio Blue 2.5インチ 160GB HDD」

換装後「Intel X18-M G2 1.8インチ 160GB SSD」

少し弄ってみましたが、遅いeMMCを搭載したAtomモバイルPCと大差ない感じの動きくらいになりました。うーん、これなら良しとしようかな…

« Prev - Next »