アニメ

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO マスターアップ!

先日、「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」公式ニコニコ生放送の第4回がありましたので、その内容をざっくり整理してみました。


『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO PS4/PS VITA版』(タイトル画面)

ちなみに、元々は「この世の果てで恋を唄う少女」がタイトルで、サブタイトルのYU-NOが独り歩きした結果。何故か逆転して現在に至ります…


序盤は3つのトピックについて、YU-NOがどんな作品なのかを説明する内容でした。
要約すると…

1、YU-NOの呪い
並列世界物として完成された作品だったため、後発で並列世界物を扱うゲームが必ずと言って良いほど比較されしまう程の作品。
2、人生を図略化した”A.D.M.S”
宝玉セーブについての説明。(後記)
【オリジナル版は分岐の位置が全くわからなかったと説明していましたが、実際には分岐に差し掛かると点滅して教えてくれる仕組みがありました】
3、一方通行ではない物語
おそらくADMSについて説明する部分だったのかと思いますが、分岐によってシナリオが枝分かれするという当たり前の内容がメインになってました。
選択肢をミスった世界から、予め使っておいた宝玉セーブで移動できる。失敗の先に得るものがある… と言うのがチラっと語られていました。


番組の後半では更に突っ込んだシステムやADMS回りの説明などがありましたので、番組での順序とは異なりますが管理人なりに解説してみようと思います…


メニュー画面です。

PC-9800版のメニュー画面がコレなので、こんな所までリスペクトしてるんですね…
電子マニュアルがメニューに統合されていて、サクッと参照できるのは良さそうです。


コンフィグでは、よくあるオートやスキップなどの設定の他に、過去の放送でも言っていましたし、TGSの試遊版でも機能はありましたが、ゲーム中のBGMを随時コンフィグから「アレンジ版」「オリジナル版」と切替ができます。

キャラクターボイスのON/OFFは当該キャラが登場するとコンフィグに項目が出現し切替できるようになる。
及びゲーム中に発生するミニゲームの答えがどうしてもわからない人向けに、回答と表示しちゃう機能が搭載されているそうです。
(そもそも解き方を知らなかったりすると、大変ですからね…アレは)

探索画面も綺麗な感じになってます。

特徴的な恰好をしていた主人公宅(部屋の内部構造と外観がどう考えても不一致)は、今風な感じにリフォーム…


調べられる所は虫眼鏡状のマーク、移動は歩いてるマーク、お喋りは… など分かり易く印がついていて探索が捗りそうです。
…ただ、マークが多く目障りの域なので、コンフィグで消せるのかが気になるところ…



「イベントCGを触れるの!?」なんて話もありましたが、考えてみると90年代のゲームだと割とよくあった機能ですが、最近のアドベンチャーゲームだとイベントCGに入ると一本道か、せいぜい選択肢が出る程度だから、逆に新鮮かも… なんてふと思いました。


アイテム選択画面はこんな感じで、オリジナルの様にスクロールする必要は無いみたいです。



”A.D.M.S”画面は、デフォルトの斜め表示の他にも、オリジナル同様に横表示にも変更できる様です。
ルートが色分けされており若干分かり易く(?)なってます。

ADMS表示自体は、よくあるアドベンチャーゲームのシナリオ分岐をフローチャート化したものと然して違いは無いので、初見の人がコレを見てもADMSの何がそんなに凄いの??…となるのが普通だと思います。

通常フローチャートはプレイヤーがいわゆる”神の視点”で参照するのが精々ですが、YU-NOの面白い所は、ゲーム中の主人公もそれを共有している所です。
そしてADMSマップ上に置いた宝玉セーブを駆使して、並行世界を行ったり来たり…

例えば、どうしてもアイテムが足りず行き詰ったら、宝玉セーブをして他のルートを進めてアイテムを手に入れ、宝玉セーブした個所に戻ってくる…
個別ルートに入ったらBAD END以外は一本というものが大多数のアドベンチャーゲームにおいて、ルート関係なく進んで・戻って・別のルートに行って… とシナリオとシステムが完全に融合しているのが、誕生20年経ってもADMSが評価される由縁かと思います。


PlayStation Vita版での解説もありました。
Vita TVでの動作にも対応しているとの事です。


マスターアップも無事に終わったそうで、後は発売を待つばかり… と言った状況だそうです。

仮のパッケージだそうですが、このパッケージのままだとすると、以前Vita版は2枚組になるかも… といった話もありましたが、1枚で事なきを得たようですね。


また、予約特典として、YU-NO 20周年記念で寄せられたイラストなどを本にしたものが店舗限定特典として、商品に追加されるようです。
限定版を購入すると、結構盛りだくさんな内容になりそうですね…

ちらっとアニメについての話があり、1クールで収まるわけないよ!
4クール? なんて話もあり、4クールは冗談にしても… 2クール以上は確実そうです。
2クールで現代編やって、異世界編は劇場版とか… ありそうでコワいわー。。。

好評につき売切れです

好評につき売切れです

好評につき売切れです

シュタインズケート 負荷領域のデジャヴ

言わば劇場版シュタインズゲートですね。
昨日紹介したものは北米版Blu-rayでしたが、今回のは日本向けです。

シュタインズケート 負荷領域のデジャヴ
『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ Blu-ray Disc』

まだ見てないので内容はアレですが、予告を見る限りでは今度はメインヒロインが主役みたいですね。
タイムリープのし過ぎで存在が不安定になった(?)主人公を探す… 的な内容らしいです。
公開時には内容を良く知らず。TVシリーズを超圧縮したのかと思ってましたが違ったみたいです。

シュタインズケート 負荷領域のデジャヴ
中身はこんな感じ。映画は真ん中のBlu-rayで、その他はドラマCDみたいですね…
買ったけど聞いてないドラマCD入れると、一体何枚になるんだって言う。 😆



好評につき売切れです

好評につき売切れです

Steins;Gate シュタインズゲート 北米版 コンプリートBOX

去年の年末に注文しておいたアレが遂に届きました…
去年はSteins;Gate 0 が発売しましたが、その流れでTV未放送の話があるとの情報を耳にしました。
ですが、管理人は録画PCで全話コンプリート状態のため、その為だけにBlu-ray買うのもなんだかなぁ…

はい、日本国内向けのBlu-rayは結構値が張りますが、北米版とかだとめちゃくちゃ安いんですよね。
え?、でもリージョンコードのせいで見れないんでしょ? と思った貴方!
半分正解で、半分は不正解。というかほぼ不正解!(ぇ

DVDのリージョンコードは北米と日本で異なるため再生できないのですが、Blu-rayのリージョンコードは同一のため、Blu-rayであれば気にせず再生できます。 😛

シュタインズケート 北米版
『Steing;Gate The Complete Series – 北米版 シュタインズゲート コンプリートBOX -』

シュタインズケート 北米版
Blu-ray 4枚組、DVD 4枚組の計8枚組… わーぉ。
もちろん再生できるのはBlu-rayだけです。

ちなみに、音声は英語5.1chと日本語2chで選択可能。
字幕は英語をON/OFFできました~ 😀



好評につき売切れです

物語シリーズ 忍野忍フィギュア

この前久しぶりにゲームセンターに行ったら、やっぱりやりたくなっちゃうんですよ… UFOキャッチャーが! 😉
決してフィギュアが欲しい!ってわけじゃないんですけど、お金を払う以上形の残るものじゃないと損した気分になりません?
…成らない? そうですか。 😕

忍野忍フィギュア
『TAITO 物語シリーズ 忍野忍フィギュア』

なんか絶妙な配置だったりすると挑戦してみたくなるよね!
ってことでチャレンジ!… やった!! 2回で取れたーっ 😀

忍野忍フィギュア
ほぼ完成形で入ってました。

忍野忍フィギュア
ドーナツが良い感じです。
ちなみに物語シリーズですが… 途中で録画をミスってから何が何の物語なのか訳が分からなくなってちゃんと見れていません…
最後に見たのは… ナデ嬢が神様っぽくなっちゃった所辺り?

好評につき売切れです

好評につき売切れです

好評につき売切れです

好評につき売切れです

 

« Prev - Next »